ブライダルフェアの服装は?男女別おすすめスタイル!

ブライダルフェアの服装は?男女別おすすめスタイル!

「ブライダルフェアってどんな服装で行くの?」普段行き慣れない場所であるため、服装について悩んでしまうカップルはとても多いです。またリサーチなしにデニムやTシャツで行ってしまい、失敗した!というカップルも多くいます。ブライダルフェアを楽しむためにも、男性、女性それぞれに適した服装を確認しておきましょう!

ブライダルフェアの服装に決まりはあるの?

ブライダルフェアに行くときの服装に決まりはありません。
「結婚式場に行くのに、服装は何でもいいの?」と心配になる方もいるでしょう。
もちろん、ダメージジーンズやTシャツにサンダルなど、あまりにもカジュアル過ぎる服装は控えた方がいいですが、きちっとフォーマルに決めなくてもいいのです。
とはいえ、実際にブライダルフェアに行ってみたら「周りのカップルはきちっとフォーマルでキメていた!」といった経験をしているカップルも多くいます。ブライダルフェアに行く際の服装は、カジュアル過ぎずフォーマル過ぎない“セミフォーマル”をイメージするといいでしょう。
ぜひ“ドレスコード有りのおしゃれなレストランで食事”をするときのような装いを想像してみてください。

ブライダルフェアの服装<女性編>

女性の服装試食会、模擬挙式、模擬披露宴、ドレスの試着会など、一口にブライダルフェアといっても内容はさまざま。シーンに応じて服装を選べると素敵です。

模擬挙式や模擬披露宴には「ワンピース」や「ジャケットスタイル」がおすすめ

ブライダルフェアで人気の模擬挙式や模擬披露宴では、結婚式本番さながらの雰囲気を味わえるとあって、装いもきちんとしていくカップルが多いようです。綺麗に飾られた式場内で記念に写真撮影を行えるケースもあるため、せっかくなら綺麗な服装で記念に残したいという思いもあるのでしょう。模擬とはいえ挙式や披露宴に参加するため、シーンにマッチするワンピースやジャケットスタイルがおすすめです。

ドレスの試着会には脱ぎ着しやすい服装で!

ドレスの試着会には脱ぎ着しやすい服装で行くといいでしょう。タイトな服や重ね着の多い服装は控えた方がよさそうです。
「前開きのシャツ」や「ワンピース」、サラっとした素材のトップスやスカートなど、着替える際に負担の少ない服を選びましょう。

・「肩ひもなし」「ペチコート」など下着も工夫
ドレスの試着会では「ワンピースを脱いだら、ストッキング1枚の姿になってしまい恥ずかしかった」「ブラジャーの肩紐を隠すのが面倒だった」という経験をしている女性も。ドレスの試着会に行く際には、下着も工夫するといいでしょう。特にワンピースタイプのペチコートや、肩紐のないブラトップが便利です。中には、友人からもらったお下がりのドレス用下着を着用していった、という用意周到な女性も。ドレスを綺麗に着こなすために、ぜひ下着も工夫してみてください。

・髪型はアップヘアがおすすめ
ブライダルフェアに行くときのヘアスタイル本番のイメージがしやすいと、ドレスの試着会にはアップヘアで行く女性が多いです。即席で髪をまとめたときと、あらかじめ綺麗にセットしていったときとでは、ドレスを試着した際の印象も変わってきます。
また「こんな髪型がいい」というものがあれば、理想の髪型で行くのもアリでしょう。ダウンスタイルで行く場合は、ヘアゴムを1本持っておくと便利です。
また、最近では式場のスタッフが即席でヘアをアレンジしてくれたり、ドレスにダウンスタイルも人気なので、普段のままで参加して希望のヘアスタイルを伝えると良いでしょう。

試食会には「白以外の服装」が安心

ブライダルフェア試食式場やホテルの婚礼料理を試食できるブライダルフェアに行く際には、食べこぼしやサービスミスなど万が一のトラブルで服が汚れないよう、念のため白い服装は控えましょう。白以外にも、淡い色合いの服は避けた方がよさそうです。汚れの目立たない柄物やダークカラーだと安心。もしくは、カーディガンやストールなど、汚れを隠すことができる羽織り物を1枚持っておくといいでしょう。

足元はパンプスで!サンダル・ブーツは控える

ブライダルフェアに行く際の足元はパンプスがおすすめ。セミフォーマルということを踏まえて、サンダルやブーツ、スニーカーは控えます。ヒールのないフラットシューズであれば、ポインテッドトゥシューズやグリッター、ラメ素材などの華やかでよそ行きのデザインを選ぶといいでしょう。

メイクもきちんとキメよう!

メイクは身だしなみのひとつです。ブライダルフェアに行く際も、メイクはきちんとキメていきましょう。式場でのお顔の映え方が確認でき、ドレスを試着したときはイメージしやすくなるなど、メリットもたくさんあります。

ブライダルフェアの服装<男性編>

男性も女性と同じくセミフォーマルを意識して、綺麗めの服装を心がけましょう。女性と同じくらいの格に揃えると素敵です。

足元は「革靴」がベスト「ジャケット」「カーディガン」「シャツスタイル」がおすすめ

男性のオーソドックスな綺麗めスタイルといえば、やはりジャケットにパンツスタイルです。もっとラフにキメたいという方は襟付きのシャツにカーディガンでもいいでしょう。ネクタイの装着は自由です。中にはスーツでビシっとキメてくる男性もいるようですが、会場の格式に応じて装いを整えるといいでしょう。Tシャツやトレーナー、ジーンズや短パンなどのカジュアル過ぎるスタイルは避けたいところ。

足元は「革靴」がベスト

皮靴サンダルやスニーカーは避けましょう。どんな服装も綺麗にまとめることができる革靴がベストです。

ヘアスタイル・髭の手入れも忘れずに!

服装や靴が綺麗でも、ヘアスタイルや髭の手入れが抜けていると残念な印象に。女性がメイクに気を遣うように、男性はヘアスタイルや髭の手入れを忘れずに行いましょう。試食会に行く場合には、香りの強い整髪料や香水は避けます。

ブライダルフェアに必要な持ち物

ブライダルフェア持ち物ブライダルフェアに絶対に必要なものというのはありませんが、持っておくと便利・安心なものはいくつかありますので、事前に確認しておきましょう。

①メモ用具
プランナーからのお得な情報やアドバイス、式場で気になったことや、ブライダルフェア中にひらめいた結婚式アイデアなどを書き留めて置けるメモやペンがあると便利です。結婚式に関する情報やアイデアをまとめた、“ブライダルノート”を作成するカップルもいます。

②デジカメ・マートフォンなど撮影機器
模擬挙式や模擬披露宴の様子、婚礼料理や衣装の試着姿などを写真に残しておきたいときに便利です。

③大きめのカバン
ブライダルフェアでもらった資料などを入れる際に便利です。例えばA4のトートバッグなど、折りたたんで持っていけるため重宝します。

④疲れない靴
女性の場合は、行き帰り用に疲れない靴や履きなれた靴を持っておくと安心です。フェア中に持ち歩くのが面倒な場合は、最寄りの駅のロッカーに預けておくといいでしょう。

⑤防寒具
季節を問わず、ショールやカーディガンなどの羽織物を持っていると安心です。夏は冷房の効きすぎに対応でき、冬は防寒具として重宝します。
式場見学をする際には移動も多く、室内と野外を行き来することもあるため、温度調整できる服装を心がけるといいでしょう。

まとめ

さまざまな催しが企画されているブライダルフェアは、シーンに応じた服装を心がけることが大切。意外にも「もっときちんとした服装で行けばよかった」というカップルが多いため、式場の雰囲気やフェア内容をよく確認し、ふたりで当日のスタイルを決めておくといいでしょう。

式場選びの関連記事

結婚式場の失敗しない選び方やポイントをタイプ別に解説!

結婚式場の上手な見学法!ブライダルフェアと式場見学の違い

ブライダルフェア*予約や当日の流れ・服装や持ち物をチェック!

ブライダルフェア試食会*試食会の魅力・目的・注意点!

模擬挙式に参加する時のポイントやメリットを解説!

ブライダルフェア特典とは?特典の有効な使い方と注意点!

 

香川の結婚式場一覧はこちら