ブライダルフェア*予約や当日の流れ・服装や持ち物をチェック!

ブライダルフェア*予約や当日の流れ・服装や持ち物をチェック!

式場選びをするならぜひ参加したいのが「ブライダルフェア」!婚礼料理の試食やドレスの試着、模擬挙式参加や挙式体験など、ブライダルフェアには結婚式準備が楽しくなるイベントが盛りだくさんです。今回は「ブライダルフェアって何?」「当日の服装は?」など、ブライダルフェアに関する基本の知識をご紹介します。

はじめてのブライダルフェア

結婚式「ブライダルフェアでは何をするの?」「参加するには予約や費用は必要?」など、これから式場見学をスタートするふたりには疑問も多いでしょう。ブライダルフェアとは、結婚式場やブライダル関連ショップなどが開催するイベントです。いくつものブライダルフェアに参加するのは大変というふたりも、まずは最も気になる式場のブライダルフェアには最低限参加して、結婚式のイメージを膨らませてほしいものです。

ブライダルフェアの内容

土日祝日はもちろん毎日ブライダルフェアを行っている結婚式場も多く、さまざまなイベントや特典などが用意されています。通常の見学・相談でも、「○○フェア」として開催日を設定している式場が多く、毎日何らかのフェアが開催されているという式場もあります。レストランや料亭なら、とくにブライダルフェアは行わず随時見学と相談を受け付けているケースが多いかもしれません。

ブライダルフェア試食式場選びを行うカップルに最も人気であり開催している式場が多いのは「試食会」。式場やフェアの開催日によって試食会の内容は様々ですが、実際の婚礼料理をワンプレートやハーフコース、時にはフルコースで提供することもあり、試食といっても贅沢なランチやディナーとして楽しめます。無料で参加できるものも多く、有料でもリーズナブルな料金で楽しめます。
新郎新婦役のモデルが本番さながらに行う模擬挙式や模擬披露宴は、実際の結婚式の雰囲気をリアルに感じられるので是非参加したいイベントのひとつです。
フェア参加者限定の特典が用意されていることもあり、ブライダルフェアは楽しくお得な内容満載なのです。

ブライダルフェアは予約して参加しよう

香川の結婚式場をネットで見学予約ブライダルフェアに参加する際は、無料・有料、フェアの内容に限らず予約をしましょう。余裕を持って参加枠を確保するためにも1~2週間前には予約をするようにし、当日の飛び込み参加は控えます。予約はブライダルフェア情報をまとめているサイトや、式場のホームページから可能です。
稀に予約不要で参加可能なブライダルフェアもありますが、当日十分なおもてなしを受けるためにも、事前予約は必須といえます。

嬉しいおもてなしを受けられるかも?予約時のコツ

有力候補として挙げている式場のブライダルフェアに参加する際は、すでに何件か気になる式場を絞り込んでいて、そのうちの一件であること、ゲストの人数やどんなおもてなしをしたいかなど、具体的な結婚式の理想像が決まっている場合は、予約の際にその旨も伝えておくといいでしょう。「式場候補のためブライダルフェアに参加したい」という前向きなカップルに対しては、式場側も案内に力が入り、お得な情報や嬉しいおもてなしを受けられることもあります。

平日もおすすめ!

週末の昼間はどうしても混雑しやすいブライダルフェア。空いている時間にゆっくり式場を見て回りたいというふたりは、平日がおすすめです。土日祝日しか行けないというふたりなら、日曜日や翌日が平日となる祝日の夜も比較的参加数が少ない時間帯といえます。ふたりで時間を調整して式場側にゆとりがある日取りを確認するのもいいでしょう。
その時に試食会が開催されていないとしても、検討候補にしたい式場なら後日試食会があるときに再訪問するのもありです。

ブライダルフェア当日の流れ

ブライダルフェア予約が完了したら、ブライダルフェア当日の流れを確認しておきましょう。式場へのアクセス方法や受付時間なども再確認しておきます。予約時間の5~10分前には到着するのが理想です。ゆとりを持って出発し、もし遅れそうなときは式場もしくは見学予約の手配先に連絡しましょう。

【受付・担当者挨拶・カウンセリング】
式場に着くと、まずはふたりの氏名や連絡先、結婚式の予定や希望内容をシートに記入します。そして、その日ふたりを案内してくれる担当者が紹介され、結婚式の理想像や予算などのヒアリングを行うことも。結婚式のことで決めていることや希望、不安なことなど最初のこのタイミングで伝えると後の見学や相談が効率よく充実したものになります。

【式場案内、イベント見学】
プランナーとの挨拶やヒアリングの後は、いよいよブライダルフェアの本題に入ります。会場見学、模擬挙式、模擬披露宴、試食会など、ブライダルフェアのメインのイベントを体験。結婚式準備の参考に撮影しておきたいものがあれば、撮影許可をとり記念に残しておきましょう。

【見積り、質問タイム】
ブライダルフェアのメインイベントが終わると、最後にプランナーとのカウンセリングが行われます。当日の感想や予算、検討している式場など、結婚式に関する質問をされたり、自分たちで気になることを相談できたりする良い機会です。
結婚式準備で不安なことや費用に関する相談など、疑問に思うことはどんどん質問してすっきり解消しましょう。その式場で結婚式をする決断をした際には、見積りを出してもらえるため、その旨を伝えるといいでしょう。

ブライダルフェア当日の服装・持ち物について

ブライダルフェア持ち物

「ブライダルフェアは何を着ていけばいいの?」「持ち物は?」などと悩むカップルも多いかと思います。
基本的にブライダルフェアは普段着で問題ありませんが、欲をいえば「綺麗め」なスタイルが好ましいです。また、必ず持っていく物というのもありません。ただし、あると便利なものがいくつかありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

あると便利な持ち物

持ち物は、デジタルカメラやスマートフォンなどの撮影機器、メモやボールペンなどの記録グッズがあると便利です。もらった資料やパンフレットをしまえる大きめのカバンで行くといいでしょう。その他、あると便利なものはコチラです。

・ハンカチ、ティッシュ
・フラットシューズ
・日傘
・防寒具
・ブライダルノート
・電卓
・ヘアゴム(ドレス試着会)
・ストッキング(ドレス試着会)

服装について

男性ならジャケットスタイル、女性ならワンピースやオフィスカジュアルに華やかなアクセサリーをプラスするなど“きちんと感”を演出できるといいでしょう。また、服装に関してはブライダルフェアの内容によって装いを工夫できると尚良いです。

【試食会、模擬挙式、模擬披露宴】
ブライダルフェア試食会試食会や模擬挙式、模擬披露宴には、綺麗めな服装で参加することで、結婚式本番さながらの感覚を味わうことができます。ゲストの気持ちにもなれるため、自分たちの結婚式でどんなおもてなしをするといいのかなど、インスピレーションも湧きやすいです。また模擬挙式などでは、式場からガーデン、披露宴会場などと会場内を移動することもあるため、温度調整のできる服装がいいでしょう。特に女性はカーディガンやジャケットなどの羽織りを1枚持っておくと安心です。

【ドレス試着会】
ウェディングドレスドレスの試着会では、脱ぎ着を簡単に行えるワンピースや、肩ひものないブラトップを着用しておくと試着しやすいでしょう。

ブライダルフェアの内容を確認し、ある程度シーンや催しに適した服装、持ち物の用意を心がけることが大切です。

まとめ

式場の雰囲気やプランナーの人柄、婚礼料理など、実際に自分の目で見てみないと分からないこともたくさんあります。結婚式に前向きでないカップルも、一度フェアに参加すると良い刺激をもらうことができるためおすすめです。一生に一度といえる結婚式を、ふたりにとって最高の1日にするためにも、ブライダルフェアを大いに活用しましょう。

式場選びの関連記事

結婚式場の失敗しない選び方やポイントをタイプ別に解説!

結婚式場の上手な見学法!ブライダルフェアと式場見学の違い

ブライダルフェア*予約や当日の流れ・服装や持ち物をチェック!

ブライダルフェアの服装は?男女別おすすめスタイル!

ブライダルフェア試食会*試食会の魅力・目的・注意点!

模擬挙式に参加する時のポイントやメリットを解説!

結婚式場の決め方のポイントはコレ!理想の結婚式場が見つかるはず

香川の結婚式場一覧はこちら