プロポーズされたらまずチェック|段取り完璧リスト!

プロポーズされたらまずチェック|段取り完璧リスト!

プロポーズの瞬間は永遠に記憶しておきたい瞬間のひとつですよね。そんなプロポーズの瞬間は思い出せば思い出すほどドキドキ感が増して、気が付けばその余韻に浸ってしまっているという人も少なくありません。長い目で見ると、プロポーズは結婚に至るまでの過程におけるスタート地点のようなもの。プロポーズされたらorプロポーズしたら、幸せに浸りながらも結婚という現実に向かってしっかりとコマを進めていきましょう。ここでは、プロポーズから結婚までのステップについてご紹介します。

プロポーズされたらまずは段取りを把握!

プロポーズされたら、次に何をしたらよいのでしょうか。お互いの両親に挨拶をして、両家顔合わせ食事会をして、ブライダルフェアなどに足を運んで結婚式・披露宴のイメージを具体化して…。スムーズに物事を運ぶためには、まず、段取りを把握することが大切です。いつまでに何をしたらよいのか、時期や段階ごとにしておくべきことを、先輩夫婦や両親の意見を参考にしながら、実際にスケジュールを組んでみましょう。

家族になるためにしっかり話そう

手続きをスムーズに進める結婚に向かってワクワクしながら過ごしている期間に、一度は考えておきたいのが「結婚とは?」。答えはひとつではないかもしれないけれど、自分たちなりの答えを見つけておきたいものです。結婚すると、ふたりは夫婦となり、家族になります。お互いの両親との縁もでき、ふたりの間に新しい家族が増えることも。それぞれ異なる家族と育ったふたりが結婚して新しく1つの家族になろうとするのですから、当たり前だと思っていた生活習慣が違ったり、考え方が違ったりする中で、その違いがストレスになることもあります。

改まって話すのは照れくさいかもしれないけれど、結婚にむけての準備のひとつと捉えて、これからのふたりの生き方について腹を割って話し合う時間を設けておくことをおすすめします。

プロポーズされたらすぐすること<前半>

プロポーズされたら、結婚に向かってよりよいスタートを切りましょう。ここでは、早めに取り掛かっておきたい段取りを前半後半に分けてご紹介します。

情報収集を始めよう

情報を制する者が勝つ!という言葉は、結婚においても通じるものがあります。結婚に至るまでの一般的な段取りや目安となる期日、必要となる経費や予算など、最初は概要や概算でも構いませんので調べておきましょう。情報収集するなら、雑誌やインターネット、友人や職場の先輩・同僚からの口コミ、両親からのアドバイスやリクエストはもちろん、結婚式場や結婚式を行っているホテルでも話を聞くことができます。結婚式や披露宴などには地域性がありますので、地元の人に聞くのがおすすめです。結婚情報誌にも全国版や地方版のほか、地元出版社がローカルな結婚情報誌を発行している地域もありますのでぜひとも一読しておきましょう。

この他、ふたりの結婚に対する考えをお互いに話し合っておくことも情報交換のひとつとして大切です。

両家の親に挨拶(8ヵ月~1年前)

お互いに両親を知っていて公認の仲だったとしても挨拶に伺いましょう。社会人としてのけじめです。先に女性の両親、次が男性の両親という順に挨拶に行くのが一般的です。ご自宅に伺うのが基本ですが、日程を含めて両親の意向を尊重して予定を立てましょう。

式場探しを始めよう!(8ヵ月~1年前

結婚式と披露宴について決めている場所があったとしても、候補となる会場をいくつか見学しておきましょう。プランや値段の参考になる上、値段交渉にも役立ちます。式場探しに行くまでに、仮予定でも構わないので日取りと人数を考えておくことを強くおすすめします。条件を揃えることで各会場でのプランを比較しやすくなり、また、見積もりを出してもらうこともできます。人気のブライダルフェアは予約が必要となる場合もありますので、プロポーズされたら早めに式場探しを始めましょう。

指輪選び(5・6ヵ月前)

婚約指輪と結婚指輪選びも大切な段取りのひとつです。結婚に係る指輪はいずれも指輪の内側に誕生石や刻印を入れるなどセミオーダータイプが主流で、そのため指輪を選んでからすぐに手元に届くわけではなく、約1カ月後に納品などとなることが一般的です。婚約指輪を結納や両家の顔合わせ食事会で披露する人も少なくありません。指輪選びは5・6カ月前には進めておきましょう。

結納・顔合わせ食事会  両家ご対面(6ヵ月前)

結納は日本独自の婚約の慣習です。正式の他に、仲人を立てずに自宅以外の会場で行うなど簡略化した略式があり、時代と共に略式化しています。結納には結婚が家と家とのつながりであった時代の名残が色濃く残っており日本の伝統も感じさせる儀式でもあります。一方で近年増加しているのが両家の顔合わせ食事会です。ホテルやレストランなどの個室で食事を共にしながらお互いの両親を紹介しあいます。家族以外は同席せず、進行も自由であり、カジュアルな雰囲気で食事会が進む点にも人気があります。プロポーズの後、それぞれの両親へ挨拶に伺ったら、お互いの両親を紹介しあうための場を設ける、という流れを押さえておきましょう。

プロポーズされたらすること<後半>

両親・友達・同僚など周囲へ報告(3~4ヵ月前)

結婚式・披露宴の日取りが決まったら、周囲へ報告して、ぜひ出席してほしいことを伝えましょう。メールやSNSではなく、会ったり、電話したりと言った直接伝える方法を用いるほうが、相手に対して丁寧です。

ドレス探し(5ヵ月前)

ドレス選び運命のドレス探しは先手必勝です。レンタルドレスの場合、結婚式・披露宴の日に他の人の予約が入ってしまったらそのドレスを着ることができません。また、着たいドレスが貸出されている場合にはドレス試着日に試着することさえできないのです。また、オーダードレスならお直しが生じることを考えて余裕のある期間を設定しておきたいものです。ドレスの予約時には挙式・披露宴当日や前撮り日など、着る予定日時をはっきりさせておくことが必要です。ドレスショップ選びについては、結婚式・披露宴と提携しているショップを利用する人が多いようです。

前撮りのついでにプロフィールビデオ制作(3~6ヵ月前)

前撮りのときにはプロフィールビデオを前提とした写真や動画撮影の予定も入れておきましょう。前撮り同様にプロに制作を頼むのが定番ですが、自分たちや友人がプロフィールビデオ制作をするケースが増えています。時間に余裕があれば編集作業も楽しみながら取り組めますよ。

招待状の作成(4ヵ月前)

最も悩むポイントのひとつとして挙げられるのが招待客選びと席順決めです。招待客が決まったら招待状の作成に取り掛かります。親しい友人でも住所を知らない場合がありますし、改めて氏名に間違いがないかを確認するなど、手間のかかる作業が多いのが招待状の作成や席次表作成です。住所氏名がわかる年賀状や住所録があれば早めに用意しておきましょう。

二次会準備を始めよう(3~4ヵ月前)

友人に企画運営を依頼するなら早めにお願いしておきましょう。二次会をまるごと引き受けてくれる業者もいますので、都合に合わせて決めておきましょう。ふたりの衣裳を決めておくこともお忘れなく。

ペーパーアイテムを作ってみよう(2.5ヵ月前)

結婚準備 アイテム結婚式・披露宴用には席次表や席札、受付用やゲームの案内プレート、ウェディングツリーなど自分たちでDIYしたくなるようなペーパーアイテムがたくさんあります。簡単に編集ができるアプリなどもあるのでパソコンやスマートフォンをフル活用してDIYを楽しみましょう。ちなみに招待状もペーパーアイテムのひとつとしてDIYする人が増えています。

会場装飾と装花(2~3ヵ月前)

会場装花について担当者との打ち合わせが必要です。花選びで会場の雰囲気が変わります。設定された装花プランにこだわらず、大きな花木を使ったり、おしゃれ小物などをプラスすることで自分たちらしさを出すことも可能ですよ。

余興にブライズメイド。友人への依頼をしよう(2~3ヵ月前)

余興やブライズメイドを友人に依頼する場合、直接確認して、ブライズメイドなら具体的にどのようなことをしてほしいのか伝えることが大切です。余興についてはサプライズ&友人にお任せというケースが多いようですが、準備に時間が必要であるため招待状発送のタイミングや返信状況を見ながら早めに依頼しておきましょう。

プチギフト・引出物を選ぼう(2ヵ月前)

披露宴後にゲストに直接配るプチギフトはゲストの人数分必要であるため、数十~百個という大量の注文をすることになります。福を運ぶ箸や手作りクッキー、アーモンドドラジェなどの定番品のほか、市販の栄養ドリンクやお菓子にオリジナルラベルを巻くなどアイデアを凝らしたギフトも人気です。ゲストの立場に立ってもらって嬉しいギフトを選びましょう。

映像演出(1~2ヵ月前)

オープニングムービーやプロフィールムービー、サプライズのメッセージ動画やエンディングロールなど映像演出は今や結婚式・披露宴には欠かせません。制作に時間がかかるもの、当日作成するものなど様々ですが、受付可能な期間を予め調べておいて、早めの発注を心掛けましょう。

ゲストへのおもてなしの料理とウェディングケーキ(1ヵ月前)

おもてなしの料理は事前に試食しておきましょう。実際に食べてみて、量などのバランスを考え、最終決定します。ゲストの年齢や好みも考慮しましょう。ウェディングケーキのデザインは早めに決めておいてもよいのですが、当日、ケーキカットしてデザートとしてゲストと一緒に食べる場合には、ゲストの人数に合わたサイズを用意することも必要です。

結婚式の準備で忙しくなる時期はいつ?

約1年間あったはずの準備期間ですが、結婚式・披露宴の約3カ月前から打ち合わせや準備が本格化するため忙しさが倍増します。招待客を決めたり招待状を発送したり出欠の返事から席次表を作り、食事やプチギフトなどを決めて…そのたびに会場の担当者と打ち合わせをしたりふたりで相談したりするため、仕事を抱えている場合は多忙を極めることに。慌ただしい中でも忘れ物なく前進するためには、予め段取りを把握して自分たちのスケジュールを組んでおくことが大切です。

ハネムーンの準備も(出発3ヵ月前)

婚姻届を出しに旅行に行くハネムーンの準備で最も大切なのは会社への届出や仕事や同僚への気配り、段取りです。その点をクリアしたら必要に応じてパスポートの準備やプランの選定、予約など、結婚式・披露宴や新居の準備と同時進行で進めていくことになります。やることリストを作って忘れ物のないように準備を進めましょう。

婚姻届を提出

婚姻届の届出・手続きの流れ婚姻届には成人2名の証人による署名捺印が必要です。お互いの両親や家族から1名ずつ選ぶケースが多いのですが、ふたりを引き合わせてくれた友人に依頼する場合も少なくありません。ふたりに結婚の意思があることを証明するための証人なので遠慮せずに依頼してみましょう。

最高の1日を迎えるためにビューティーケア(1~2ヵ月前)

結婚式・披露宴直前になると多忙さから自分のことが後回しになりがちです。ビューティーケアは1日にしてならず!早めに予約をしてしまうことが、当日、最高に輝く自分でいるための秘訣です。

まとめ

プロポーズから結婚生活のスタートに至るまでおおよそ1年以内というケースが一般的だと言われています。仕事の都合などで思うようにスケジュールが進まないこともありますので、余裕のあるスケジュールを組んでおきましょう。特にブライダルエステなどの自分自身の予定は先にしっかり入れて予約しておくことで直前になって諦めずにすみますよ。

香川の結婚式場一覧はこちら