顔合わせの進行・マナーのポイント&成功・失敗談

顔合わせの進行・マナーのポイント&成功・失敗談

結婚が決まってお互いの両親への挨拶が終わったら、次は「顔合わせ」へと話を進めます。日本独自の文化と言われる結納に変わって主流となりつつある「顔合わせ」は、基本的な進行やマナーはあるけれども形式に囚われない自由さが魅力です。しかし自由だからこそ、社会人の基本としてお互いに失礼のない進行やマナーはしっかりと押さえておきたいものです。ここでは、「顔合わせ」についての準備や進め方、マナーなどについてご紹介します。

顔合わせとは

結婚の前に、ふたりの両親や家族を引き合わせることを「顔合わせ」と言います。食事の席を設けて両家の顔合わせをすることが多いことから「顔合わせ食事会」とも言われています。タイミングとしてはお互いの両親への挨拶を済ませた後で挙式・結婚式までの間に設定します。結婚の前の儀式のひとつとして結納に代わって定着しつつある「顔合わせ」は、歓談や食事などで堅苦しくない雰囲気の中でお互いの両親や家族を紹介し合い、交流を図ることができると好評です。

顔合わせと結納の違い

「結納」とは、日本独自の婚約の儀式です。結婚によって家と家とが「結」びつくことを祝い、贈り物をお互いに「納」め合うもので、地域によって結納品が異なるなどの特色がありました。諸説ありますが、婚姻関係を結ぶにあたり、男性が酒肴を持参して女性の家を訪れていたことが「結納」の始まりであったと言われています。結婚が家と家の結び付きとされていた頃の慣習として現在も続いていますが、時代とともに贈り物が形式化・現金化し、仲人不在となり、場所も両家の住まいではなく料亭や貸会場で行われるなど、略式化する傾向にありました。そこへ台頭してきたのが「顔合わせ」です。

「顔合わせ」とは、両家の両親や家族が一堂に会して対面する最初の機会という点を主軸に据え、食事や歓談で両家が交流を図る場となっています。結納における贈り物の授受や堅苦しさを取り払いながらも、婚約の儀式としての意味合いや結納後に食事で懇親を図っていた伝統を受け継いでおり、基本的な進行やマナーは結納に準じていることが多いようです。

両家顔合わせ食事会の服装<男性>

両家顔合わせ食事会の服装<男性>両家顔合わせ食事会で気になる服装についてご紹介しましょう。服装には格式があります。一方が正装で出席しているのに対して他方が略装での出席では失礼となります。服装を考える際には、両家の服装の格式を揃えることから始めましょう。事前にお互いの両親の希望を聞いてから、自分達の希望を含めてどのような格式の服装で両家が出席するのかを双方に伝えて調整します。会場の席がイス席であるのか和室であるのか、また、和装・洋装の希望などを聞いたり伝えたりすることも大切です。

男性の場合、洋装であればモーニング、和装であれば紋付袴が正装となりますが、両家顔合わせ食事会では略装のスーツを着用することが多いようです。スーツであれば黒がフォーマルです。ダブルやシングルといったデザインはどちらでも構いません。ネイビーやチャコールグレー、柄があるものは黒に比べると格下となりますので、父親が新郎よりも格下の服装にならないよう気を付けましょう。ネクタイについては結婚式と同様に略礼服用の白が基本ですが、白に近いシルバー系の色でもよいでしょう。カジュアルなスーツであればストライプや臙脂色など大人しい色合いのネクタイを合わせてもOKです。スーツに合わせるシャツも基本は白です。靴は紐の付いていないタイプは略式です。色はスーツに合わせますが基本は黒。しっかり磨いておきましょう。服装はカジュアルにブレザーでいいという話になっても両家顔合わせ食事会という席においてはカジュアルすぎないように身なりを整えていくのが大人のマナーです。

両家顔合わせ食事会の服装<女性>

両家顔合わせ食事会の服装<女性>女性の場合、まずは和装か洋装、どちらにするのかを考えておきましょう。新婦が振袖等の着物であれば、母親も同格以上の着物を着用することが前提ですが、両家顔合わせ食事会の席では格式や様式にとらわれず、新婦のみ着物で出席するというケースも少なくありません。和装であれば、新婦は振袖、母親は黒留袖が正式なのですが、両家顔合わせ食事会での和装としては色無地や付下げ、訪問着などを着用する場合が多いようです。母親が洋装となる場合、フォーマルな席であればダークスーツが基本ですが、季節によっては明るめの色のワンピースやツーピースなどでもOKです。ただし新婦より目立たない色やデザインを選びます。
洋装に合わせるアクセサリーはパールのネックレスとイヤリングがフォーマルでおすすめです。

女性・男性ともに服装を決めて、衣裳を用意したら、お手入れを忘れずに行いましょう。しわが残らないようにアイロンをかけ、綻びがないか、靴は磨けているか、バッグやハンカチ等の用意はあるか早めに確認しましょう。
ヘアスタイルやメイクは当日になりますが、場にふさわしく上品に清潔感のある雰囲気に仕上げると好印象に繋がります。

準備&進め方

準備の進め方両家顔合わせ食事会は、それぞれの両親へ結婚の挨拶を済ませて3~6カ月以内の実現を目途に予定を立てましょう。まず、どのような会にしたいのか、ふたりの希望を話し合う一方で、両親の希望も聞いてみましょう。自宅で開きたい、両家の中間地点で開きたい、地域で定番となっている会場がある、食事が美味しいところがよい、イス席の会場がよいなどそれぞれに希望がある場合があります。自宅以外の場合は予算や費用を誰が用意するのかなども設定しておくことが大切です。食事会にかかる費用は1人1万円程度が目安のようです。

イメージが固まったら、日程や場所を調整し、会場の空き予定を確認して予約が可能であれば早めに予約を入れましょう。自宅であれば、必要に応じて交通手段や宿泊の予約を入れておきましょう。
会場側と打ち合わせながら、席順も失礼のないように決めておきましょう。長机を囲むのであれば上座が新郎側の父親、その次に母親、新郎の順、入り口に近い下座に新婦、新婦側の母親、父親の順に席を用意します。円卓でも上座には新郎側の父親が座ります。

食事会の進行を誰が行うのか、どのように進めるのかなども決めておきましょう。進行は略式の結納に倣って新郎の父親や新郎が行うことが多いようですが、ふたりが中心となって進行するケースも増えてきました。例えば、お互いの両親を紹介し、手土産をそれぞれの両親へ渡したり、婚約指輪を披露したりしながら食事を楽しみ、最後にふたりで締めの挨拶をしてお開きとするような進行です。所要時間は食事の内容等によって異なりますが、2時間半が目安のひとつとなっています。

その他、両家顔合わせ食事会の日に合わせて、服装や手土産、食事内容について両親のリクエスト等を確認しながら、具体的に品物を選んでいきます。
細々と決めたり選んだりすることがあるため、両家顔合わせ食事会当日までに段取りよく準備ができるように、自分達のすることリストを用意してチェックしながら進行状況を把握しておくと安心です。

両家顔合わせのマナー

両家顔合わせ食事会は、ふたりと両家の両親が互いに親睦を深めることを目的としています。話が噛み合わない、無口になってしまうといったことは避けたいものです。自己紹介はもちろん、自分から話を提供できるテーマをいくつか用意しておくとよいでしょう。服装や言葉遣い、席順など様々なマナーがありますが、いずれも求められているのは社会人として基本となるマナーばかりです。事前の準備をしっかりとして、当日は緊張しすぎないようにすることも大切です。

当日の進行は、ふたりが主軸となるケースが増えています。席に案内したり、最初の挨拶に始まり、自己紹介や各人の紹介、手土産を渡して話題を提供したり、婚約指輪を披露しながらふたりのエピソードを話したり、食事や飲み物を適宜進めたり、自分も食事を頂いたりと当日の流れをイメ―ジトレーニングしておくと対応しやすくなります。マナーとして、場が和やかになるように、気配り目配り心配りを欠かさないようにしましょう。
両家顔合わせ食事会のしおりを作って用意しておくと、全員が進行を把握しやすくなりますのでおすすめです。

両家顔合わせの手土産

手土産両家顔合わせの手土産は、用意するかどうか事前に両家で足並みを揃えておきましょう。
料亭や貸会場、レストランなどで行う場合は、必ず用意しなければならないというものではありません。手土産をお互いに用意する場合には、価格帯を揃えておくとよいでしょう。一方が予想以上に豪華な手土産を用意していた場合、他方は気まずさを覚えてしまいます。その後の関係性にも影響が出る可能性もありますので、ふたりがしっかりと調整役を務めることが成功のポイントとなります。

どちらかの自宅で行う場合には、訪れる側が手土産を用意しましょう。その際、結婚の挨拶時に持参した品物と同じ品物にならないよう配慮しましょう。
ふたりが主軸となって両家顔合わせ食事会を運営する場合には、ふたりが現在住んでいる地域の銘菓や有名店の菓子などを用意して、同じ品物をお互いの両親へ贈るのもお勧めです。ふたりから話題が提供しやすい品物を選んでおくと食事の席での会話のきっかけともなります。
両家顔合わせの手土産には熨斗を掛けましょう。水引は紅白の結び切り(一生に一度の慶事に使われる結び方)を使い、上段に「寿」、下段に苗字を書き入れます。
価格帯については、3,000円~5,000円程度が一般的です。お互いの負担にならないように釣り合いを取って手土産を用意しましょう。

成功・失敗談

成功失敗談<子供の出席で大成功>

甥や姪の出席に最初は心配もあったけれど、子供の存在が場を和ませてくれて両家の両親が自然と笑顔になって会話も弾み、人柄が伝わってきました。

<写真撮影で家族感がアップ>

予定にはなかったのですが、お開きになる前に、持参したカメラを使ってスタッフの方に撮影をお願いしました。それまで席を動かなかった両親でしたが、その時始めて1か所に集まりました。お互いの両親と一緒に初めての集合写真を撮影することができて「結婚するんだな」という気持ちが高まりました。

<結婚式に向けての事前打ち合わせの場に!>

最初は緊張で会話も弾まなかった食事の席でしたが、時間とともに自然と両親が打ち解け合い、結婚式は春に、ふたりの希望にもよるがウェディングドレス姿の娘と歩きたい、和洋折衷の婚礼料理がよい、親族の出席人数についてなど、会話の中で意見交換をすることができました。おかげで結婚式・披露宴の段取りは両親の了解をスムーズに得ることができました。両家顔合わせ食事会を開いて本当によかったです。

<イス席がよかったと後で言われました>

両家顔合わせ食事会に対して私の父から「和食がよい」と事前にリクエストがあったため、和の個室で美味しい和食が頂ける会場を選びました。それなのに、終わってから「長い時間、正座するのはつらかった。イスを用意してほしかった。」と、ぼそっと言われました。和室でも座椅子やちょっとしたイスを用意して頂ける場合もあるようです。もっと早く言ってほしかったです。

<支払いはスムーズに!>

食事代金は折半と事前に打ち合わせておいたのですが、当日、いざ支払う段階になって誰がいつ集金するのか、建て替えて支払うのかなど細かく決めていなかったために時間がかかり少し揉めてしまいました。ひとまずふたりが全員分の食事代を支払えるように現金やカードを用意しておいて、その場で支払っておけばよかったなと反省しました。

まとめ

両家顔合わせ食事会の服装、マナー、会話のテーマなどについて誰よりも頭を悩ませていたのは、実は両親だったということもあります。ふたりはそれぞれの両親へ挨拶を済ませており面識もある状態で食事会に臨む立場かもしれませんが、両親はお互いに面識がなく、初めての対面となるケースが多く、それが結婚する子の親として食事会に臨むとなるとプレッシャーに感じる方も少なくありません。結婚は親からの自立も意味しています。自分達のことで精一杯だとしても、ふたりは結婚の当事者となるわけですから、お互いに協力をして、両親に負担や心配をかけないように配慮できてこそ、本当の「自立」と言えるのではないでしょうか。

顔合わせの関連記事

【顔合わせの服装】女性・母親・兄弟の服装は?

【顔合わせの挨拶】誰がどんな挨拶をするの?例文をご紹介

顔合わせの進行を解説*当日の流れや進行方法を確認しよう!

香川の結婚式場一覧はこちら