【結婚挨拶の服装】OK・NG例!準備から結婚挨拶までをチェック!

【結婚挨拶の服装】OK・NG例!準備から結婚挨拶までをチェック!

結婚挨拶のときに相手の両親に高感度の高い装は?気を付けたいマナーや身だしなみのポイントはぜひおさえてきたいものです。今後のお付き合いを円滑にするためにも、正しい服装とマナーで相手の両親から好印象をマークしましょう。

結婚挨拶の時の服装<女性編>

結婚挨拶の服装は、結婚式や入学式、高級レストランなどのシーンで着用される「セミフォーマル」を意識してコーディネートを組みましょう。女性の場合はほどよい華やかさに加え、「清潔感」や「親しみやすさ」を重視した上品なスタイルが理想です。

ワンピースの選び方

フォーマルな場にも適していながら女性らしさや華やかさも出すことができるワンピース。「清楚」「女性らしさ」を重視したデザインのものを選びましょう。スカートは座ったときに膝が隠れる丈のものを選び、体のラインが見え過ぎないふんわりとしたものが良いでしょう。

パステルカラーがおすすめ

ワンピースの色味は女性らしく柔らかい雰囲気のパステルカラーやベージュ系、ダークカラーであれば知的な印象を与えるネイビーも人気です。ブラックもクールで真面目な印象を与えますが、結婚挨拶というおめでたいシーンでのダークカラーは、ネイビーくらいがいいでしょう。
どうしてもブラック系を選びたい場合は、明るい色味のバッグやシューズを合わせます。ダークカラーばかりで統一しないように、必ず明るいアクセントを加えます。

親への結婚挨拶の場でパンツスタイルはOK?NG?

結婚挨拶の場にパンツスタイルはNGではありません。ただ、相手の両親は息子の妻になる人に対して女性らしさや優しさを期待していますので、クールなパンツスタイルよりも、女性らしく親しみやすいスカートスタイルの方が印象が良いでしょう。

パンツスタイルでも「女性らしさ」を演出

パンツスタイルを選ぶなら、女性らしく華やかなレースや素材をあしらったトップスを合わせたり、淡い色のパンツスーツを選ぶなど、クールにまとまりすぎないよう工夫します。足元はスキンカラーのストッキングがベストです。

露出の多い服装は控える

ラフすぎたり派手という印象を与えやすい露出の多い服装は控えます。短いスカートやタイトすぎるスカート、肩が露出するノースリーブ、胸元や背中が大きく開いたデザインなど、真夏であっても露出度は低めの装いを心がけましょう。袖のないワンピースを着用する際はボレロやジャケットを羽織り、お辞儀をしたときに胸元が緩まないデザインの服を着用するなど、相手へ失礼のない服装を意識することです。もちろん素足は厳禁です。女性は肌色に近いストッキングを着用し、伝線したときように替えのストッキングを1、2本持っておくと安心です。

派手なヘアメイク・ネイルは控える

結婚の挨拶に伺うときは、服装だけでなくメイクやネイルもその場に合ったテイストに仕上げるのが身だしなみ。「ナチュラル」だけどきちんと「華やか」な、メリハリのあるメイクを心がけます。アイラインを適度に引く、アイメイクはナチュラルだけどリップは発色の良い色にするなど工夫して。メイクはナチュラル過ぎると、きちんとお化粧をしていないという印象を与えてしまうので注意が必要です。血色が良く健康的に見えるよう意識すると良いですね。

ネイルにおいてはベージュ、薄ピンク、艶のあるクリアベース、ワンポイントモチーフなど、シンプルでありながらきちんとケアしている印象を意識しましょう。

夏のミュール・冬のブーツは控える

つま先やかかとが露出するミュールやサンダル、冬場のブーツは控えます。フォーマルなシーンや改まったシーンでは、ヒールのあるパンプスを着用するのがマナーです。その際、ヒールは高すぎず、足が綺麗に見える5~7㎝程度のヒールを選ぶといいでしょう。汚れていたり、ヒールがすり減っていたりする場合は、事前のお手入れを忘れずに。シューズを脱いだときに見える中敷きの黒ずみにも注意しましょう。

結婚挨拶の時の服装<男性編>

結婚挨拶・結納顔合わせの時の服装<男性編>男性も女性と同じく「セミフォーマル」な服装です。基本はスーツスタイルとなりますが、「季節感」「爽やかさ」「誠実さ」を重視してコーディネートしましょう。

スーツの選び方

スーツ選びのポイントは「色味」や「小物合わせ」を工夫すること。誠実さは大事にしたいですが、固くなりすぎないようほんのり柔らかな印象を与えると「安心感」があり好印象です。「この人なら娘を安心して預けられる」という好感を持たれることが理想です。

ブラック・ネイビー・グレーが定番

ブラックスーツは定番ですが、重くなり過ぎないように生地に薄いストライプや格子柄があしらわれていると柔らかい印象になります。ネクタイは爽やかなブルー系やストライプ柄を選ぶと固くなりすぎず、誠実さがよりアップします。爽やかさでいえばネイビーが人気。知的で親しみやすいグレーもおすすめです。

季節を問わず、アイロンをかけた白系のシャツにネクタイを締めて訪問しましょう。普段スーツを着ないという男性は、結婚挨拶を機に1着新調するのもおすすめです。「かしこまらずにスーツ以外で来て」と言われた際にも、一応スーツスタイルに身を包むのがマナーです。ジャケットにスラックスを合わせたスタイルでもいいでしょう。

カジュアルすぎるジーンズは控える

結婚挨拶の場にジーンズはタブーです。カジュアルな雰囲気でリラックスしてという相手のご両親の意向があっても、ジーンズや短パンなどのラフなスタイルは避けましょう。「大切なお嬢さんを一生守り抜く覚悟があります」という強い思いを示すには服装は大事です。

結婚挨拶時のマナー違反の服装&身だしなみ

挨拶時の身だしなみ服装のテイストの他、結婚挨拶に行く際に気を付けておきたいポイントを事前に確認しておくことで、当日の緊張を和らげることができます。

冬はコートをどこで脱ぐ?

男性も女性も、コート羽織って挨拶に行く際は玄関先で脱ぐようにしましょう。インターホンを押す前に、きちんと脱いで綺麗に畳んでから腕にかけておきます。また、おいとまするシーンでも玄関を出てから羽織ります。もしくは「寒いのでコートをくてくださいね」などと声掛けをいただいてから羽織るとよいでしょう。

コートはあまり見られないアイテムとはいえ、ミリタリージャケットやファージャケットなど派手ものやカジュアルなデザインは避けましょう。

意外に見られている靴・靴下の汚れに注意

「おしゃれは足元から」という言葉があるように、足元は意外と見られていますし、全身の印象を大きく左右するパーツといえます。

清潔感や自己管理能力が表れる部位でもあるため、靴下の汚れや穴あき、ストッキングの伝線には注意が必要です。靴下で印象ダウンしないためにも、靴下やストッキングは新調することをおすすめします。

靴においては、男性は革靴をきちんと磨いてから、女性はヒールが削れていないものを選ぶ、もしくは修理に出してから綺麗な状態のものを履くなどして足元を整えましょう。靴は数日前に準備しておくと安心です。

実家に彼(彼女)を連れて行く時、自分の服装は?

自分の実家に挨拶に行くときにも、きちんとした身だしなみに整えるのがマナーです。男性がスーツスタイルであれば、女性も同じ格式のスーツスタイルやワンピースを、男性がジャケットにパンツスタイルであれば、女性もブラウスにスカートを合わせるなど、格や服装の雰囲気をマッチさせましょう。

自分もきちんとした服装に身を包むことで、パートナーの誠実さや真面目さをより引き立てることができ、結婚の挨拶もスムーズに進行しやすくなります。

夏場・冬場にふさわしい服装

暑さ・寒さが厳しく一日の気温変化が大きい夏と冬は、結婚挨拶の時の服装にも迷ってしまうでしょう。結婚挨拶の場で好印象を得るには「季節感」ある服装が大事です。夏場にベルベッドやスエード素材のワンピースやスーツは暑苦しい印象になってしまいますし、冬場に麻や薄手のコットン素材は季節感に欠けてしまいます。

【夏場におすすめの色】…ブルー系・ホワイト・レモンイエロー・ベージュ・ペールピンクなど
【夏場におすすめの素材】…麻、コットン、シフォン、レースなど

【冬場におすすめの色】…ネイビー、レッドブラウン、ベージュ、ベージュピンク、ブルー系・オフホワイトなど
【冬場におすすめの素材】…ツイード、シルク、厚手のコットン、スエード、ベルベッドなど

ワンピースやスーツというベースの服装は変わらず、素材や色味で季節感を演出しましょう。

親への挨拶前の準備・段取り

プロポーズが成立したら、まずは自分の両親に「結婚したい相手がいること」「その人と会ってほしいこと」を伝えましょう。相手の人がどんな方なのか、交際期間や経歴などを簡単に紹介しておくと両親も安心できます。

両家の両親が承諾してから、会場や日取り、時間などの具体的なことを決めていきます。「会食をしながら和やかに行いたい」など、両親の意向があれば聞き入れることで場所や時間も決めやすくなります。当日の2、3日前には着ていく服や手土産の準備を忘れずに。

当日の振る舞いポイント

当日は、緊張しているとやりがちな「ながら挨拶」に注意しましょう。例えば、自己紹介しながら頭を下げる、帰り際の玄関先で靴を履きながらお礼を言うなど。何かをしながらの挨拶はだらしない印象を与えてしまうため、話すときはきちんと目を見て、自己紹介や挨拶を述べた後に頭を下げるなど、ひとつひとつの動作を丁寧に行いましょう。

玄関先から部屋に上がるとき、部屋で席に座るタイミングなどは、「どうぞ座って」などの自然な流れで声掛けがあるかと思いますので、基本的には相手の両親の指示をベースに動けば問題ありません。厳格なご両親に挨拶を行う場合は、「失礼いたします」などの声掛けをしながら、パートナーのサポーも借りつつ挨拶を進めましょう。

結婚報告・挨拶のセリフ例

相手のご両親に改めて自分の口から結婚の報告・挨拶をする際に伝えたいポイントは4つ。

・自分の名前
・時間を作ってくれたことへのお礼
・結婚したいという意思
・今後のビジョン

ポイントを踏まえ、例文を参考にしながら自分なりの挨拶を考えてみてください。

例1:相手の両親へ

「初めまして。〇〇さんとお付き合いさせていただいている〇〇と申します。
この度はお忙しい中、貴重な時間を設けていただき、ありがとうございます。本日は〇〇さんとの結婚のお許しをいただきたく参りました。
〇〇さんとは〇〇頃からお付き合いをさせていただいており、とても素直で明るい性格に心を惹かれました。
今後は〇〇さんと夫婦として、人生を共に歩んでいきたいと強く思っております。〇〇さんとの結婚をお許しいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。」

例2:相手の両親へ

「ご無沙汰しております。本日は、このようなお時間をいただき、ありがとうございます。本日は、改めて兼ねてからお付き合いさせていただいていおりました、〇〇さんとの結婚のお許しをいただきたく伺いました。
おふたりには、交際当初から温かい目で見守っていただき、心から感謝しております。これからは〇〇さんと協力し合い、おたりのような夫婦になりたいと思っております。〇〇さんとの結婚をお許しいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。」

例3:自分の両親へ

「これから〇〇さんと共に力を合わせて歩んでいきます。どうか温かい目で見守っていてください。よろしくお願いいたします。」

自分の両親に対しては「改めてよろしくお願いします」という気持ちを込めて挨拶するといいでしょう。相手の両親に挨拶に伺うときには、パートナーがバックアップしつつ、挨拶を切り出しやすい環境に整えてあげるとベストです。特に、女性が男性側に挨拶に行く際には、男性がリードしてあげると切り出しやすいでしょう。

まとめ

結婚挨拶はプロポーズの次に待っているビッグイベント。結婚の挨拶がうまくいけば、結婚式の準備も良いスタートがきれるでしょう。両家の結びつきの土台つくりにもなります。服装やセリフ、当日の段取りやイメージトレーニングなど、事前準備を入念に行い、ぜひ思い出に残る結婚挨拶の場としてください。

結婚挨拶の関連記事

【結婚挨拶の手土産】相場や人気の手土産・渡し方の注意点!

結婚挨拶のお礼状のマナーや挨拶成功の秘訣を大公開!

香川の結婚式場一覧はこちら