入籍後の手続きでやることリスト!会社や役所などの手続き

入籍後の手続きでやることリスト!会社や役所などの手続き

「入籍したら何から手をつければいいの?」「先日入籍した友人は何度も役所に訪れていて大変そうだった」など、入籍後の手続きには不安がつきもの。ですが安心してください!入籍後の手続きをスムーズに行うにはコツがあります。本記事では、入籍後の手続き順序を簡潔にご紹介します。

入籍で女性がする必要な手続き

入籍入籍をすると住所や姓が変わる人もいるため、諸々手続きが必要となります。

1. 住所変更などの「役所」での手続き
2. 姓の変更や婚姻報告などの「職場」での手続き
3. 携帯電話や保険など「契約系」の手続き

入籍にともなう手続きは大きく分けて上記の3つです。どこで、何の手続きが必要なのか、事前に確認しておきましょう。

入籍前に用意しよう!各種手続きに必要なモノ

・新姓と旧姓の印鑑(銀行印・認印)
・銀行通帳、キャッシュカード
・免許証
・被保険者証
・年金手帳
・マイナンバーカード
・保険や光熱費などの契約内容が分かる書類があると便利

入籍後は手続きで何かとバタバタするため、入籍前に空いている時間を見つけて新姓の印鑑を作成しておきましょう。また、各種手続きに必要となる書類やカードをひとつのポーチにまとめておくと安心です。

入籍手続き(役所・契約系)

入籍後の手続きで特に重要となるのが「役所」や「契約系」の手続きです。

1.転入届を提出

免許証やパスポートといった、重要書類の手続きに必要となる住民票を一早く入手するため、入籍後にはまず引っ越しの手続きを済ませましょう。

入籍後に新たな地に引っ越す場合は、現在住んでいる町を管轄する役所に「転出届」を提出します。その際にもらえる【転出証明書】と【転入届】を持って、新たな住まいとなる町を管轄する役所に向かいましょう。同じ役所の管轄内で引っ越しを行う場合は【転居届】を提出するのみでOKです。

また提出には期限がありますので、注意しましょう。

・転出届・・・引っ越しの14日前~当日までの間に提出
・転入届・・・引っ越しから14日以内に提出
・転居届・・・引っ越しから14日以内に提出

婚姻届けを提出後すぐに転入届(もしくは転居届)を提出するのがおすすめ!

婚姻届を受理してもらった後は、その足で転入届の提出を行いましょう。この流れで手続きを進めることで、その日の内に新住所、新姓が記載された【住民票】を手に入れることができるでしょう。(※婚姻届を夜間に提出した場合は対象外です。平日でも役所の混み具合や、イレギュラー対応などで後日になる場合もあります。)

新姓、新住所の記載された【住民票(1枚)】を手に入れたら、次の手続きに進みましょう!

2.健康保険証、国民年金、マイナンバーの変更

住民票が入手できたら、マイナンバー、国民健康保険、国民年金も氏名や住所変更を申請しましょう。役所の中でもそれぞれ窓口が異なるため、役員に聞くと案内してもらえてスムーズにいきます。社会保険や厚生年金の場合は、職場にて行ってくれることがほとんどです。

3.免許証の変更

新たな住所、姓が記載された公的な身分証明書として使える免許証は、できるだけ早めに変更しておくのがおすすめです。

・免許証
・申請用顔写真1枚(県が変わる場合に必要)
・新姓の認印
・住民票

上記の必要書類を持って、住所を管轄する警察署の運転免許課、運転免許センター、運転免許試験場のいずれかに行きます。必要書類は改めて管轄する警察署や免許センターなどに問い合わせておくと安心です。

4.銀行手続き

入籍後の変更手続き新たな免許証もしくは住民票を入手したら、銀行の名義変更や届出印の変更が行えます。

・新姓の銀行印
・今までの銀行印
・本人確認書類(免許証もしくは住民票)
・通帳
・キャッシュカード

銀行の手続きの本人確認書類には、パスポートは使用できないため注意が必要です。念のため必要書類は、登録銀行のHPにて確認しましょう。

5.保険、光熱費、回線などの契約系手続き

住民票や運転免許証などの身分証明が行えるものの手続きが済んでいれば、安心して契約系の手続きを進めることができます。また、携帯料金や保険料の引き落としなどで口座振替にしている場合は、銀行手続きも終えている必要があるため順番には注意しましょう。

6.クレジットカードの変更

クレジットカードを所持している場合は、カード会社の方針に従って名義や住所、登録口座を変更しましょう。新しいカードが届くまでに時間を要することもあるため、余裕を持って手続きを行いましょう。クレジットカードの変更には、ほとんどが運転免許証や住民票のコピーが必要になります。

 7.パスポートの変更

入籍後に姓や本籍地が変わった場合は、パスポートの変更が必要です。手持ちのパスポートを一度返納し、新たに5年・10年のいずれかのパスポートを申請するか、残りの有効期間に準じたパスポートを発行してもらいます。

・手数料6000円
・戸籍謄本(又は抄本)
・パスポート用写真1枚
・一般旅券発給申請書(記載事項変更用)
・住民票の原本(※他県で申請する場合や、一時的に滞在している県で申請する場合)

上記の物を用意し、管轄するパスポート窓口に向かいましょう。申請から発行まで約6日程かかるため、入籍後に新婚旅行を控えている方は、住民票や戸籍謄本が入手できたら早めに申請することをおすすめします。

入籍手続き(会社)

入籍をするタイミングで会社での手続きも同時進行しましょう。会社での手続きを行わないと、給与が振り込まれないなどのトラブルも発生するため忘れずに行います。

入籍後も同じ職場で働き続ける場合

・結婚届(※結婚したこと証明する【婚姻届受理証明書】を役所で発行しておくと便利です)
・住所変更届
・給与振込口座の名義変更
・お祝い金の申請

入籍の報告、住所や名義、給与口座の変更を管轄の部署に申請しましょう。お祝い金をもらえる会社も増えていますので、会社の規則を確認し、必要に応じて申請します。

また婚姻届が受理されると、最短で当日に発行できる【婚姻届受理証明書】というものがあります。本籍や新姓、住所などが記載されており、婚姻を証明できる書類です。発行まで時間がかかる戸籍謄本の代わりに会社に提示して婚姻を示す方も多いため、婚姻届を提出後に取得しておくと便利です。

入籍後に退職する場合結婚を機に退職・会社の上司に退職したい旨を伝え、具体的な退職日を相談

・(退職後)失業給付の手続き
・(退職後)国民健康保険、国民年金の加入

入籍後に退職をしたいと考えている人は、入籍の半年~3ヵ月前にその旨を直属の上司に相談しましょう。入籍後すぐに退職するのは難しいため、余裕を持って相談します。退職後に【離職票】が届いたら、保険や年金などの手続きを順次行いましょう。

まとめ

入籍後は銀行名義や免許証など、必要な変更手続きがたくさんあります。役所に何度も足を運ばずにスムーズに変更を済ませるには【住民票】の取得をいち早く行うことがポイントです。婚姻届や転入届の提出するタイミングを合わせて、スマートに手続きを進めていきましょう!

入籍の関連記事

入籍手続きに必要な婚姻届の申請と段取りまとめ!

香川の結婚式場一覧はこちら