【顔合わせの挨拶】誰がどんな挨拶をするの?例文をご紹介

【顔合わせの挨拶】誰がどんな挨拶をするの?例文をご紹介

顔合わせの挨拶ではどのタイミングでどんなことを言えばいいの?挨拶をする人は?など不安も多いでしょう。顔合わせでは、はじまりと締めの挨拶の他、新郎新婦、両親、家族全員が挨拶をするタイミングが訪れます。「いつ」「誰が」「どんな」挨拶をすればいいのか、顔合わせ前に確認しておきましょう。

顔合わせの挨拶…「いつ」「誰が」「どんな」ことを言うの?

顔合わせではラフな雰囲気で歓談する時間の他、気持ちを引き締め、改めて挨拶をするタイミングがあります。事前にそのタイミングを確認し、誰が挨拶をするのかを確認しておくことで、進行のもたつきや挨拶役を巡るトラブルなどを防ぐことができるでしょう。

・はじまりの挨拶
・乾杯の挨拶
・締めの挨拶

基本的にはこの3つのタイミングで挨拶を行います。中には締めの挨拶前に新郎新婦からお礼を踏まえた挨拶を行うケースもあるでしょう。あらかじめどのタイミングで誰が挨拶をするかを決めておくと、当日スムーズに進行できます。

誰が挨拶をするの?

顔合わせの挨拶で一番気になるのは「誰が」挨拶を行うのかではないでしょうか。挨拶を行う人は「主催した人」をキーマンとして考えるといいでしょう。

例1)新郎新婦が主催の場合
・はじまりの挨拶・・・新郎
・乾杯の挨拶・・・新郎、または新郎父・新婦父
・締めの挨拶・・・新郎、新郎新婦のふたり、または新郎父

例2)新郎側の両親が主催した場合
・はじまりの挨拶・・・新郎父
・乾杯の挨拶・・・新郎父、または新婦父、新郎
・締めの挨拶・・・新郎父、または新郎・新郎新婦のふたり

一般的には新郎か新郎父が挨拶を行うケースが多いようですが、もちろん女性側の家族が主催した場合は、新婦父が挨拶を行います。また、新郎や新郎父が主催した場合で、新婦父の顔を立てるために乾杯の挨拶をお願いするというケースもあり、挨拶をする人に関しては臨機応変な対応が可能です。
両家が気持ち良く過ごせるように役割を分担できるといいでしょう。

顔合わせの挨拶【父親】

挨拶
父親ははじまりや終わりのメインの挨拶を行うこともあれば、家族の紹介をすることもあります。なにかと出番の多い父親は、挨拶文のレパートリーをいくつか持っておくと安心です。

はじまりの挨拶

例1)新郎父
「本日は新郎〇〇と、新婦〇〇さんの結婚を祝福するとともに、こうしたご縁に結ばれたことに心から感謝いたします。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

「本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
新郎〇〇と、新婦〇〇さんの結婚を心から祝福し、楽しい時間にしましょう。よろしくお願いいたします。」

例2)新婦父
「本日は新郎〇〇さんと、新婦〇〇の結婚に際しまして、このような時間を設けられたこと、心から嬉しく思います。
短い時間ではありますが、両家で有意義な時間を過ごしましょう。よろしくお願いいたします。」

「本日はこのような貴重な時間を設けていただき、心から感謝いたします。
新郎〇〇さんと、そのご家族の方々とのこうしたご縁に結ばれたこと、大変嬉しく思います。
楽しい時間にしましょう。」

顔合わせを気持ち良くスタートするため、はじまりの挨拶はシンプルにまとめられるといいでしょう。

家族紹介

「妻の〇〇です。普段は専業主婦として家事、育児に励んでおります。では、妻の〇〇からひと言・・・」

家族紹介をする場合は、続柄や仕事など、家族の簡単なデータを紹介してから本人からの一言に誘導するといいでしょう。一言を省く場合は、次の方を続けて紹介します。

乾杯の挨拶

乾杯「ふたりの結婚をお祝いして、乾杯!」
「ふたりの結婚と、両家の結びつきを祝って、乾杯!」

乾杯の挨拶はシンプルが一番。威勢よく「乾杯!」だけでも十分です。

締めの挨拶

例1)新郎父
「本日はこのような有意義な時間を過ごせたこと、心から感謝いたします。
新郎〇〇と、新婦〇〇さんの幸せな夫婦生活を家族で見守り、支え合っていきましょう。
今後ともよろしくお願いいたします。」

例2)新婦父
「本日はご多忙の中、お集まりいただき誠にありがとうございます。
新郎〇〇さん、新婦の〇〇には夫婦として協力し合い、ふたりらしい人生を歩んでいってもらえたらと思います。
改めて、両家の結びつきに感謝いたします。本日はありがとうございました。」

締めの挨拶では、新郎新婦のふたりや両家の結びつきへの想い、当日の感謝の気持ちなどを伝えられるといいでしょう。

顔合わせの挨拶 【新婦】

両家顔合わせ食事会の服装<女性>新郎とともにはじまりの挨拶や締めの挨拶をすることもある新婦は、一言想いを述べられるとベストです。ふたりで挨拶する場合は、事前に新郎と打ち合わせしておくといいでしょう。

はじまりの挨拶

「本日は私たちふたりの結婚に際しまして、お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
本日は楽しい時間にしましょう。」

家族紹介

「父の〇〇と、母の〇〇です。ふたりはいつも仲が良く、憧れの夫婦です。では父からひと言・・・」
続柄と名前、一言などを添えると家族紹介に温かみが増します。

締めの挨拶

「本日はお忙しい中、このような機会を設けていただき、ありがとうございます。
これから〇〇(新郎)さんとともに、幸せな家庭を築いていけたらと思います。
まだまだ未熟なふたりですが、家族の皆さんには見守ってくださると嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。」

新郎とふたりで締めの挨拶をすることもある新婦は、妻としての意気込みとともに、感謝の気持ちを述べるといいでしょう。

顔合わせの挨拶【両家】

両家の皆が挨拶をするタイミングは、家族紹介です。一般的には新郎側は新郎また新郎父が進行し、新婦側は新婦または新婦父が進行します。

進行役)
「父の〇〇、母の〇〇、祖父の〇〇・・・」と順に家族を紹介します。
全員をざっと紹介してからひと言づつもらうのも良いですし、その都度一言もらってもいいでしょう。

本人)
「〇〇(新郎もしくは新婦の名前)の父(続柄)、〇〇です。職業は〇〇をしています。
趣味にゴルフをしているのですが、〇〇さんのご両親もゴルフがお好きだと伺いました。今後一緒に行けたら嬉しいです。
本日はどうぞよろしくお願いします。」

・続柄
・名前
・職業
・趣味

上記の項目をベースに簡単に自己紹介をしましょう。他にも伝えたいことがあれば簡潔に述べます。両親の他に家族が参加する場合は、両親、祖父祖母、兄弟の順に紹介するといいでしょう。

顔合わせの時しおりはあったほうがいい?

顔合わせのしおりは、顔合わせの場を盛り上げるため、両家の絆をもっと深めるため、思い出として記念に残すために作成するカップルが多いようです!

しおりの内容は?

・挨拶文
・顔合わせのタイムスケジュール
・新郎新婦の紹介
・ふたりの馴れ初め
・家族紹介(仕事、年齢、趣味、一言、顔写真など…)
・家族の連絡先
・結婚式場の紹介、選定理由
・新郎新婦の新居住所、連絡先
・ふたりからのメッセージ(今後のに向けた意気込み、家族への感謝の気持ち)

しおりの内容には決まりがないため、書きたいことを自由に記載できるところが魅力です。その場だけでは説明しきれない家族の趣味や仕事のこと、ふたりの馴れ初めや思い出の写真などを盛り込むと喜ばれます。

結婚式についての情報を共有しよう!

結婚式イメージまた、必ず記載したいのが「結婚式について」です。式場を選んだ理由や、結婚式の演出で家族に協力してほしいことなどがあれば記載しましょう。時間やプランナー名、招待人数など、分かっている情報は共有するのがおすすめです。これから式場を探すという方は、候補の式場の情報を記載するのも良いでしょう。

作って損はないしおりは、作成するメリットがたくさんあります!顔合わせの段取りをスムーズに進めることができる、家族に楽しんでもらえる、といったことはもちろん「結婚式に関する情報共有」や、ふたりのことをさらに知ってもらうことができる素敵なアイテムなんです。

しおりを作成するメリット

・顔合わせだけでは覚えきれない、相手家族の趣味や年齢をいつでも確認できる
・ふたりの馴れ初めを、写真や年表と共に楽しく分かりやすく説明できる
・結婚式場の説明や、式場を選んだ理由を伝えることができる
・言葉では伝えきれない感謝の気持ちや、今後のことを文字にしてまとめることができる
・顔合わせでの会話のネタにもなる

デザインは?

料亭な和の雰囲気のマッチする、シンプルな三つ折り和紙に水引風のリボンをあしらったデザインや、読み進めるのが楽しくなるブックデザインなど、カップルによってその形はさまざま。

会場の雰囲気に合わせてデザインを作成しても良いですし、結婚式のテーマが決まっているカップルは、顔合わせのしおりにテーマを反映させるのもいいでしょう。「結婚式のテーマはこんな感じなんだ」と説明できるため、会話も盛り上がります。

まとめ

両家揃っての顔合わせは誰でも緊張するものです。挨拶となると言葉が浮かんでこないこともしばしば。はじまりの挨拶や締めの挨拶を述べる予定であれば、事前に言葉を決めておきましょう。家族の方も自己紹介で何を伝えるか、内容を決めておくといいかもしません。

顔合わせの関連記事

【顔合わせの服装】女性・母親・兄弟の服装は?

顔合わせの進行・マナーのポイント&成功・失敗談

顔合わせの進行を解説*当日の流れや進行方法を確認しよう!

香川の結婚式場一覧はこちら