顔合わせの進行を解説*当日の流れや進行方法を確認しよう!

顔合わせの進行を解説*当日の流れや進行方法を確認しよう!

両家の結びつきを深める「顔合わせ」。進行のやり方は?準備はどうすればいい?など、緊張や不安も多いでしょう。顔合わせでは、一般的に行われている進行例がありますので、ぜひ一般的な例を参考に、ふたりのオリジナルを加えてみてください。本記事では、顔合わせの進行表、進行の仕方、進行例をご紹介します。

顔合わせ時の進行表

顔合わせ進行顔合わせの進行には、これといって決まりはありません。結納に比べ自由度の高い顔合わせは、自分たちの好きな演出を加えることも可能です。以下、ベーシックな進行を参考に、顔合わせの進行プランを練ってみてください。

1.待ち合わせ
2.会場入り、着席
3.はじまりの挨拶
4.両家の紹介
5.セレモニー
6.記念撮影
7.乾杯、会食スタート
8.主役から挨拶
9.締めの挨拶
10.記念撮影
11.解散

両家の顔合わせは食事会を兼ねて行う家族が多いです。その場合は、食事のタイミングを考慮しながら進行を考えていくといいでしょう。

顔合わせ時の進行の仕方

挨拶顔合わせの進行には、段取りを仕切る「進行役」が必要です。一般的には、主役の新郎か、その父親が行います。主催した人が進行役となるのが基本となるため、例えば新郎側の両親が主催した場合は、新郎の父親が進行します。

念のため、誰が進行役を担当するのか、あらかじめ確認しておきましょう。

1.待ち合わせ
両家での待ち合わせは現地集合とし、家族ごとに最寄りの駅から向かうのがおすすめです。その際、男性は男性側の家族とともに、女性は女性側の家族とともに待ち合わせ場所に向かうといいでしょう。

両家で顔を合わせるまでは、主役のふたりだけでなく両親や家族も緊張しています。会場に向かう道のりでは、主役のふたりがそれぞれ相手の家族について簡単に紹介してあげたり、家族の緊張を解けるように、思い出話やたわいもない話を持ちかけてあげるといいでしょう。

2.会場入り、着席
会場前には、予約時間の5分前には到着するようにします。両家が揃ってから一緒に会場入りしましょう。先に到着しても、全員が揃うまでは会場外で待ちます。

着席時は入り口に近い席が主役のふたり、入り口から一番遠い席に両親がくるように席を案内します。主役の男性や女性が率先して席を誘導してあげるといいでしょう。
両親以外に家族が参加する場合は、母親と本人の間に年齢順で座ると覚えておくと迷わず誘導できます。

3.はじまりの挨拶(進行役)
全員が着席したら、進行役によるはじまりの挨拶を行います。顔合わせの場が明るく、和やかになるような挨拶をしましょう。

4.両家の紹介(主役)
男性側から、家族の紹介を行います。ここでの仕切りは、主役のふたりがそれぞれ行いましょう。父親、母親、祖父、祖母、兄弟の順に紹介します。名前と趣味など紹介し、時間があれば本人から一言をいただくのもいいでしょう。次に女性側の家族を紹介します。

手土産を持参している場合は、自分の家族を紹介し終わったあとに渡すといいでしょう。

5.セレモニー(主役)
婚約指輪主役のふたりから婚約指輪や記念品の披露を行うセレモニーは、顔合わせに参加する両家の楽しみでもあります。お互いに指輪をはめる演出や、記念品の贈呈を改めて両家の前で披露すると、顔合わせの雰囲気もグっと良くなるでしょう。

6.記念撮影
記念撮影顔合わせでは、はじまりと終わりに2回記念撮影をする家族が多いです。また、お酒を飲む前に写真を残しておきたいという家族は、乾杯前に1枚記念撮影をしておくとといいでしょう。また、顔合わせのはじまりと終わりでは家族の表情にも変化が出るため、家族の親睦が深まった様子を2枚写真に残しておくのも素敵です。

7.乾杯、会食スタート
顔合わせ兼食事会を主催した場合は、一通りの進行を終えたあとに乾杯、会食がスタートとなります。歓談をしながら両家でコミュニケーションをとりましょう。

8.主役から挨拶
進行の終盤では、主役のふたりからお礼を込めて挨拶の言葉を述べましょう。相手の両親へお礼品を用意していれば、ここで渡します。

・結婚式に向けての一言
・結婚式準備の協力のお願い
・これからの歩みの意気込み など
両家を前に伝えておきたいことを伝える良い機会でもあります。ふたりでメッセージを考えておきましょう。

9.締めの挨拶(進行役)
最後に顔合わせの締めの挨拶を行います。進行役より言葉を述べましょう。

10.記念撮影
両家の親睦が深まった最後に、記念撮影をします。

顔合わせ時の話題は?どんな話をすればいい?

結婚式について顔合わせでは「政治の話」「スポーツの話」「病気の話」「宗教の話」など、個人の趣向やヒイキが出やすいネタはタブーとされています。

・両親の新婚旅行について
・両親の結婚式のスタイルについて
・ふたりの幼少期について
・出身地や地元の話について
・ふたりの結婚式プランについて など

せっかくなら相手の両親や家族のことを知ることができ、場の雰囲気が和やかになる明るい話題や思い出話に花を咲かせましょう。ご両親の結婚式にまつわる思い出話から、ふたりの結婚式への意見を引き出せると、結婚式準備を円滑に進められるようになります。

顔合わせ時の進行例

顔合わせでは、はじめて両家が対面するというケースも少なくありません。そのため、進行時の言葉選びに迷う方もいるでしょう。ここでは、実際に使える進行例をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

・相手の呼び方
パートナーのことは、普段のあだ名ではなく「◯◯さん、又は◯◯くん」と呼びましょう。相手の両親は「◯◯さんのお義父さん、◯◯さんのお義母さん」と呼びます。

・座席の誘導
「◯◯さんのお義父さんは、こちらの席へどうぞ」
謙遜して上座でなくても良いといわれた場合でも、「こちらに座ってください」と穏やかに誘導してあげるといいでしょう。
父親同士で上座を譲り合う場合は、口を挟まず流れに任せるのがおすすめです。

・歓談中、会話の切り出し
「結婚式を終えた後に新婚旅行を予定しているのですが、◯◯さんのご両親はどちらに新婚旅行に行かれたのですか?」
「普段から◯◯さんは穏やかで優しいのですが、 ◯◯さんは幼少期どんなお子さんだったのですか?」
「私の地元は◯◯で、こんなものが名産で美味しいのですがご存知ですか?もしよろしければ今度お持ちします。」

相手がYESとNOだけでは答えられないような質問を投げかけると会話が続きます。いくつか聞きたいことなどをリストアップしていくといいでしょう。

・セレモニー
「婚約の証として、〇〇さんに婚約指輪をお渡しします。」
「私からは、婚約記念品として〇〇さんに腕時計をお渡しします」

婚約記念品を渡す際には、簡単に一言添えて、指輪交換のように記念品を贈呈すると雰囲気が出ます。
料亭やホテルなど、会場によっては記念品を乗せる「白木盆」という結納アイテムを用意してくれることもあるため、あらかじめ結婚挨拶の顔合わせであることを伝えておくといいでしょう。

まとめ

両家の顔合わせは決まった段取りがない分、事前準備が大切です。お互いの家族が気持ちの良い時間を過ごすことができるように、ぜひ“家族を喜ばせる演出や進行”を考えてみてください。

顔合わせの関連記事

【顔合わせの服装】女性・母親・兄弟の服装は?

顔合わせの進行・マナーのポイント&成功・失敗談

【顔合わせの挨拶】誰がどんな挨拶をするの?例文をご紹介

香川の結婚式場一覧はこちら