【顔合わせの服装】女性・母親・兄弟の服装は?

【顔合わせの服装】女性・母親・兄弟の服装は?

プロポーズ、相手の両親への挨拶、婚約成立後に待っているのが「両家の顔合わせ」。結婚にまつわるかしこまった場では、男性はスーツでの参加がベーシックですが、女性や母親、兄弟は何を着ればいいの?と悩む方は多いでしょう。そこで今回は、両家の顔合わせで迷いがちな服装のポイントをピックアップしてご紹介します。

顔合わせ時の服装のおすすめ

結婚挨拶の時の服装両家顔合わせの服装は、カジュアル過ぎずフォーマル過ぎない服装が適しています。女性はワンピース、男性はスーツスタイルが一般的です。
女性はワンピースを選ぶ際、「座ったときに膝が見えない丈」「淡いカラー」のワンピースを選ぶといいでしょう。

両家顔合せの服装におすすめのカラー・印象

・ベージュ…上品、大人っぽい
・ペールピンク…柔らかい、女性らしい、可憐
・パステルブルー…清楚、爽やか、凛とした印象
・レモンイエロー…明るい、エネルギッシュ、親しみやすい
・ライトグリーン…健康的、フレッシュ
・グレー…モダン、正統、クール
・ネイビー…知的、エレガント
・小花柄…おしとやか、華やか、女性らしい
・チェック柄…きちんと感、上品
・細めのブルーストライプ…清涼感、爽やか、おしゃれ

会場の雰囲気や与えたい印象によって、ワンピースのカラー選びも工夫するといいでしょう。

男性はネクタイの色を工夫!

男性の場合シャツやソックスは白が基本です。そのため、ネクタイでおしゃれへの気遣いをプラスするといいでしょう。

派手な色ものは避けたいところですが、ブルー系、グリーン系、チェックやストライプ柄であれば顔合わせのシーンにも馴染みます。上記でご紹介したカラー別の印象もぜひ参考にしてみてください。

会場によっては「和装」もあり

両家顔合わせ食事会の服装<女性>両家の顔合わせは基本的にワンピースでも十分シーンにマッチしていますが、会場によっては和装での参加もアリです。例えば料亭や和モダンなホテルなど、あえて会場の雰囲気に合わせた着物で参加することにより雰囲気が出て、結納っぽさを演出することもできます。

「引き締まった和の装いで、良い緊張感を演出したい」
「結納は行わないため、雰囲気や気分だけでも味わいたい」

両親や本人たちの意向によって、結納は行わないというケースも多いでしょう。カジュアルな食事会だけど雰囲気だけでも特別感を出したいというカップルにも和装はおすすめです。

もしも和装で参加する場合は、どちらか一人だけということのないように、ふたりで和装を着るようにしましょう。主役が和装の際は、両親や兄弟も和装で揃えることが可能です。両家の格に差がでないように、事前に打ち合わせして服装を決めましょう。

シューズやバッグなどの小物も忘れずに

挨拶時の身だしなみシューズは汚れのない綺麗なものを用意しましょう。女性なら、ヒール部分がすり減っていないかも確認します。バッグは上品に見える小ぶりなものが好ましいです。ハンカチ、ティッシュ、リップクリームなどの基本の携帯アイテムも忘れずに用意しておきます。

顔合わせ時の服装*冬場はどうする?*

冬の服装男性はスーツ、女性はワンピースとベースは変わりませんが、冬場はアウターやシューズ選びに注意が必要です。

【控えたほうがいいもの】
・モッズコート
・ファージャケット
・ブーツ など

両家の顔合せには、カジュアルなファッションアイテムを控えたほうがいいでしょう。アウターは会場に入る前に脱いでしまうため、あまり目につかないアイテムではあります。
ただ、手に持っているとき、待ち合わせのときに目につくため、アウターも服装に合った綺麗めなコートがおすすめです。シューズもアウター同様に、カジュアルなものは控えます。季節を問わず、両家の顔合わせなどきちんとしたい場では、パンプスの着用が一般的です。

また冬場になると、女性はワンピースにカーディガンやボレロといった羽織物をプラスする方もいるでしょう。その際はビジネスライクにならないよう、ワンピースと雰囲気を合わせます。防寒対策に、ひざ掛けや肩にかけられるショールのようなものがあると便利です。

顔合わせ時の服装【母親編】

両家の顔合わせに参加する母親の服装は「主役よりも派手に目立たないこと」「主役よりも格上にならないこと」がポイントです。

「格」を揃える

主役の息子、娘がスーツやワンピースなら、両親もスーツやワンピースで格を合わせます。主役が和装で揃える場合は、両親も和服で揃えるのもおすすめです。足元は装いに合わせたパンプスを着用します。

主役を引き立てる色を選ぶ

アクセサリー例えば、主役の娘がピンクやイエローなど色物のワンピースを着用する場合は、母親も同じようなカラーのワンピースでそろえるのではなく、グレーやネイビーのワンピースやスーツで引き締めることで、主役の華やかさが引き立ちます。アクセサリーはパールやスワロフスキーなどのワンポイントを選び、上品に華をプラスしましょう。

家族で色みのバランスを整えたりと、トータルでコーディネートを組むとなお印象が良いです。色が被ってしまうのはNGというルールはありませんが、ご参考までに服装を選んでみてください。

顔合わせ時の服装【兄弟編】

両家の顔合せには、主役とその両親以外に、祖父や祖母、兄弟や親戚が参加することもあるでしょう。兄弟が顔合わせに参加する場合は「学生服」もしくは「綺麗めな服装」を選びます。

学生の場合は制服でもよく、大学生や成人の場合はワンピースやスーツ、ジャケットスタイルできちんと感を出し、清楚な印象に仕上げると顔合せの場にマッチするでしょう。

顔合わせの服装選びの注意点

・主役、夫婦、家族はもちろん、「両家でも」格を揃える
・会場に適した装いを心がける
・靴下やカバン、シューズの汚れや穴あきを確認する

主役や夫婦同士が格を揃えるのはもちろんのこと、両家でも服装の格を揃えましょう。極端ですが、どちらかが和装、どちらかがラフなジャケットスタイルで来た場合、ラフな格好をしてきた家族が恥ずかしい思いをしてしまいます。どんな感じの服装で行くのかは、主役が伝達係となって事前に家族に共有しておきましょう。

また格式のあるホテルや老舗料亭など、ドレスコードがあり、ある程度のマナーが求められるような会場で顔合わせを行う場合は、会場に適した服装で行くことも大切です。もしも夏の時期の顔合わせで軽装で楽に行きたいという場合は、会場選びも工夫する必要があります。相手の家族はもちろん、会場側にも失礼のないような装いを心がけましょう。

まとめ

両家の顔合わせは今後の家族付き合いにも関わる大事なシーン。進行や段取りももちろん大事ですが、服装は相手の視線を集める重要なポイントとなります。相手への敬意を込めて、装いを整えましょう。

顔合わせの関連記事

顔合わせの進行・マナーのポイント&成功・失敗談

【顔合わせの挨拶】誰がどんな挨拶をするの?例文をご紹介

顔合わせの進行を解説*当日の流れや進行方法を確認しよう!

香川の結婚式場一覧はこちら