結婚式場の上手な見学法!ブライダルフェアと式場見学の違い

結婚式場選びはふたりの結婚式・披露宴にとって最初の、そしてとても重要な選択事項です。式場見学とブライダルフェアを上手に活用して、効率的に、そして失敗しないように結婚式場を選びたいですよね。そこで、式場見学とブライダルフェアの違いや、式場を見学する際の服装やマナー、各会場を見る時のチェックポイントなどについて、初めてだからこそ疑問に思いがちな点に絞ってわかりやすく解説します。

結婚式場の見学とブライダルフェアの違い

結婚式場の会場を見る機会には、式場見学とブライダルフェアがあります。式場内を見学できるという点ではどちらも同じように感じますがちょっとした違いがあります。式場見学とブライダルフェアの違いを知って賢く使い分けましょう!

式場見学とは

香川の結婚式場見学式場見学では、結婚式・披露宴の会場をスタッフに案内してもらいながら見て回ることができます。見学会と称したイベント期間中であればブライダルアイテムの展示や装花などが各会場に用意されていることもありますが、通常はブライダル用のセッティングのない状態での各会場を見ることになります。そのため見学に要する時間はそれほど長くありません。下見としていくつかの式場を回りたいときには各式場に予約を入れてから行くと効率的です。都合が合えば平日の夜などでも見学することもできます。予約をせずに訪問してしまうと、スタッフの都合により案内できる人が不在だったり、他の予定で会場を見ることができなかったりする場合もありますので、予約してから行きましょう。見学をした人限定の成約特典が付く場合があります。見学後にはスタッフとの相談時間が設けられていることが多いようです。見学しながら質問をすることも可能ですが、じっくり話を聞きたい場合には見学後の時間を活用しましょう。

ブライダルフェアとは

ブライダルフェア 模擬挙式ブライダルフェアでは、結婚式場が本番さながらの会場装飾や演出、ドレス試着や模擬挙式に試食会などを企画しているので、ゲストのように結婚式や披露宴を疑似体験することができます。各会場が本番さながらに装飾されていたり、ドレスの試着ができたり、さらには模擬挙式や試食会として結婚式や披露宴を疑似体験したりできるので結婚式・披露宴のイメージが具体化しやすくなります。提携業者からのデモンストレーションや展示がある際には、式場からの特典に加えて提携業者からの成約特典が付くこともありますので、お目当ての式場のブライダルフェアにはぜひとも参加しておきましょう。ブライダルフェアのプログラムには事前予約が必要なものもあるため、詳細を調べて参加したいプログラムには予約をしっかり入れておきましょう。

式場見学は基本的に無料です。ブライダルフェアでも各種体験の一部が有料であることはありますが概ね無料です。デートのプランの中に式場見学を上手に入れるとイベントとしても楽しめて特典ももらえて一石二鳥です。できれば当事者となるふたりが一緒に行くことが望ましいのですが、両親や兄弟、友人と下見に足を運ぶという方もいます。理想の結婚式・披露宴への第一歩として積極的に参加しましょう。

結婚式場見学の予約について

結婚式場の見学予約式場見学は気軽に行くことができるイメージがあるかもしれませんが、実際のところ必ず予約は入れるべきなのでしょうか。式場はいつでも見学できるの?デートの途中でふらりと立ち寄るのはNGなの?といった疑問にお答えします。

式場見学は予約なしでもいい?

式場見学は、イベント開催の有無に関わらず、式場内を見て回ることを指します。

まずはイベント開催時の予約についてです。夜の会場の雰囲気を見ることができるナイトフェアや平日でも見学できる見学会などのイベント時には、多数の見学者がいる場合、案内をしてくれるスタッフの人数が足りないこともありますので予約してから出向きましょう。案内スタッフなくただ会場を見るだけでもOKという式場もあるかもしれませんが、複数の会場がある場合は迷うこともありますし、会場内のどちらを高砂にしてどの扉から入場するのか、新郎新婦控室や親族控室の場所はどこか、ゲストの受付場所はどのあたりになるのか、チャペルまでの移動はどうするのか、各会場の特徴などちょっとした情報を収集する機会がなくなってしまいます。また、付き添いのスタッフなく式場内をウロウロするのは式場側の安全面でも好ましくありません。立ち寄ろうと思ったら、直前であっても一度連絡を入れるのがマナーです。

結婚式場見学平常時の式場見学についてです。ブライダル用の装飾や展示などがない平常時の会場を見ることができます。また、見学時間を調整することで、自分たちの結婚式・披露宴の時間帯と同じ時間帯の会場の雰囲気を確かめることもできます。平常時の式場見学のメリットは、ブライダルフェアなどのイベント時とは異なり、比較的見学者が少ないという点にあります。そのため、スムーズに式場内を見て回ることができ、スタッフともしっかり話をすることが可能です。ふたりの休みが合う日に複数の式場を効率的に回りたいなら式場見学がおすすめです。その場合でも予約は入れましょう。土日祝日に限らず平日においても、式場内では他の打ち合わせや前撮り写真の撮影、実際の結婚式・披露宴の他、ホテルなら会議やパーティなどで各会場を使っている場合があります。見たいと思う会場を見ることができない事態にもなりかねませんし、予約を入れておいたほうが、営業的な話に一度区切りを付けて次の式場へ移動する理由にもなりますので時間を効率的に使うことができます。式場見学する際には、予約を入れましょう。予約には電話予約の他にも式場によってはメールやWEBでの予約が可能な場合がありますのでぜひ活用しましょう。

予約特典

来館特典や成約特典などと同様に、予約をして式場見学やブライダルフェアに参加した方限定のプレゼントが用意されている場合があります。抽選で商品券が当たったり、WEB予約ならポイントが貯まったりと様々ですがせっかく見学に行くなら特典はたくさんあったほうが嬉しいですよね。見学前に予約をすることで式場側も迎え入れる準備ができるため資料や来館特典なども用意しやすくなります。予約はちょっとした手間かもしれませんが、その手間以上にお得なチャンスでもあります。各種特典は設定期間が定められている場合がありますので、必ず事前に下調べをしてから予約をして式場見学に行くようにしましょう。

式場見学当日の服装と持ち物

結婚式場見学・ブライダルフェア参加時の持ち物式場見学を上手に活用するため、当日に必要な持ち物を厳選してご紹介します。

カメラ

スマートフォンのカメラでもOKです。会場の雰囲気や装飾など気になったものは撮影していきましょう。見学に行かなかった家族や友人に相談したり、見学後にふたりで改めて検討したりする時に画像で情報が残っていると非常に参考になります。比較もしやすいので、どこで撮影したものなのか等メモも残しておくようにすると後で役に立ちますよ。なお、撮影の前にはスタッフに一声かけるのがマナーです。

大きめのマチ付きバッグ

式場見学では、式場の資料の他、提携業者や見積もり、ブライダルフェアのチラシ等、様々な資料やパンフレットを手渡されることが多いため、大きめのマチ付きバッグを持参することをおすすめします。その他の持参アイテムもまとめて入れることができるし、式場から来館のお土産等を頂いた時にも持ち運びに便利です。

筆記具

スマートフォンのメモ機能を活用したり、撮影して記録していったりするのもよいのですが、ペンとメモ帳があればちょっとした書き込みや記録に使いやすいのでぜひ持参しましょう。

手帳

自分たちの今後の予定が分かるものを持参しましょう。仕事の予定や日取りの希望など様々な予定が分かるならスマートフォンでもOKです。

イメージブック

結婚式場見学のイメージブック自分たちが理想とする結婚式・披露宴のイメージをメモしたり、写真を貼り付けたりしたイメージ帳を作っておくと、プランナーに伝わりやすくなります。ふたりのイメージをすり合わせるためにも役立ちますので式場見学に行く前にぜひ作ってみてください!

この他にもハンカチやティッシュはもちろん、試着等の予定がある場合には替えのストッキングや髪をまとめるためのヘアクリップなどをバッグに入れておくと「持って来ておいて良かった!」と思う場合が多いですよ。

結婚式場見学・ブライダルフェア参加時の服装持ち物チェックの次は、式場見学にふさわしい服装についてです。見学と言っても結婚式・披露宴の当日ではないし普段着でいいのでは?という気持ちがあるかもしれませんが、できればきちんと感のある服装をして行きたいものです。式場では他のお客様もいらっしゃいますので、特にホテルやレストランではその場に合わせた服装で足を運びましょう。男女ともに下がジーンズであっても上はジャケットや襟付きのシャツなどがよいでしょう。短すぎるスカートやおへそが見える丈のシャツなど過度の露出も避けましょう。会場がいくつもある場合にはある程度式場内を歩いて移動することも考慮して、低めのヒールなどのように歩くことが苦にならない靴のほうが賢い選択と言えるでしょう。初めて訪れる式場では服装も本気度の表れとして捉えられかねません。良い情報を聞き出すためにも服装にも気を遣って出向きたいものです。

1日の見学スケジュール

式場見学の事前準備をしながら、お目当ての式場の予定や連絡先を調べて予約を入れましょう。平日の夜、仕事終わりの予約やふたりの休みが合う土日祝日の丸1日を式場見学DAYとして数件の予約を入れるなど段取りの方法は様々です。ここでは予約の前に知っておきたい、式場見学の流れはどうなっているの?所要時間は?1日に何件まで見学可能?などの疑問にお答えしましょう。

式場見学の流れは?

結婚式場見学の流れ予約をして式場見学に行くと、担当者と少し話をした後、早々に会場に向かうことが多いです。移動しながら、受付や控室、トイレ、神殿やチャペル等の場所から会場までの動線といった様々な説明を受けることができます。会場では新郎新婦が入場する扉の場所や高砂の位置、ウェディングケーキやメインキャンドルの位置、収容人数や人気の装花など質問に応じてこれまでの事例を元にした説明を受けることができます。聞きたいことを予めメモして行くと聞き忘れがなくて済みます。複数の会場がある場合には各会場を順に回っていきます。タイミングによっては翌日の準備に取り掛かっている状態を見学できることもあります。神殿やチャペル、庭園やプールなどの併設施設があれば時間の許す限り実際に見ておきたいものです。どのような演出が行われたことがあるのか、最新の演出や人気の演出などについても聞いておきましょう。一通り回ったら、再度ブライダルサロンのようなスペースで着席して担当者と話ができる時間が設けられ、見積もりを出してもらったり、希望の日取りの空き状況を確認したりすることができます。

1日何件見学できる?

式場見学1件あたりの所要時間は見学だけで1時間~、相談の時間に1時間~を目安と考えるとよいでしょう。式場内の会場や併設施設数にもよりますが、予約の際に見学と相談の時間について目安を聞いておくと1日の計画を立てやすくなります。午前中に1件、移動と昼食時間を入れて午後に1件という具合に1日2件程度が余裕のある式場見学数です。式場の営業時間により、夕方から夜にもう1件入れることは可能ですが、多数回ると情報が混同してしまったり、3件目で疲れてしまいしっかり見学することができなかったりするケースもあります。ふたりで自分たちに合ったスケジュールを組みましょう。

何件目なのかと聞かれたら?

式場見学に行くと、「何件目ですか」という質問を受けることがあります。このような場合、正直に答えるのがよいのか、それとも正直に答えなくてよいのか戸惑うという声をよく耳にします。結論から言うと、「どちらでも問題ない」です。式場側としては、1件目に第1希望の式場として来館したのか、どのような式場と比較しているのか、というリサーチをしているにすぎません。質問に正直に答えなかったからと言ってペナルティがあるわけではありません。他の式場と比較検討して決めるつもりだと伝えたり、第1希望で来ていると伝えたりして、式場側からのサービスを上手に引き出したり、価格交渉に持っていったりする方法もあります。賢く返答して式場見学というチャンスを上手に活用しましょう。

式場見学でのチェックポイント

結婚式場選びのチェックポイント式場見学では、実際に見てみたり担当者に聞いたりして、自分たちの条件に合うかどうかについてしっかりとチェックしましょう。式場見学で外せないチェックポイントをご紹介します。

①駐車場の台数…同日に他の結婚式・披露宴が入る場合でも台数に余裕があるかどうか

②送迎バスの有無…それぞれの親族を乗せてくれる送迎バスの有無や料金設定等について

③外観や玄関から入ってすぐの雰囲気…自分たちのイメージに合うか、違和感はないか

④スタッフの雰囲気…入館時のスタッフの雰囲気は当日の雰囲気にも繋がるので重要

⑤担当プランナーとの相性もしっかりチェック!

⑥アクセス…公共交通機関を利用した場合の駅等からの距離や宿泊施設の有無

⑦収容人数…自分たちの想定しているゲスト数を収容できる挙式会場や披露宴会場かどうか

⑧ゲスト席と高砂席…挙式会場と披露宴会場では実際に着席してみて、座り心地やどのように新郎新婦が見えるのか等を知っておきたいもの

⑨希望の演出をする場所や設備…ピアノやパイプオルガン、プールなど自分たちが予定している演出に対応できる場所や設備があるのか、レンタルする場合の料金なども確認

⑩トイレ…会場からの距離や個室の数、雰囲気を確認

⑪子連れや高齢者への対応…スロープやエレベーター、授乳室、多目的トイレ等の設備を確認

⑫料理とドリンク…婚礼料理やドリンクの種類、フリードリンクなどの料金設定

⑬料理へのリクエスト対応…アレルギー対応や子どもメニュー、年配者への配慮、ふたりからのリクエストに応えてくれるか等について質問

⑭提携業者…式場が提携している衣裳店やカメラマン、生花店、演出アイテム業者等に自分たちが利用したいと思っている業者が入っているか確認

⑮持ち込み料…式場提携業者以外の業者を利用した場合、式場に対して別途手数料が生じる場合があるため、持ち込み料の発生基準や料金について要確認お得なプランや料金設定…パックプランの詳細や追加料金については資料を必ずもらおう!

⑯式場見学で複数の会場を回る場合には、同じチェックポイントを用意して資料や情報を集めるようにしておくと、比較作業がラクになります。前述のチェックポイントの他にも自分たちなりに気になるポイントを追加して各式場で情報収集できるようにしておきましょう。

まとめ

結婚式場見学・ブライダルフェア結婚式場見学はブライダルフェアと併用してもOKです。ブライダルフェアで好印象を抱いた式場の平常時の様子を確認してスタッフとじっくり話をするという順でもよし、平常時では伝わりにくかった結婚式・披露宴当日のイメージを膨らませるためにブライダルフェアに行くという順でもよし!です。実際に足を運んだからこそ集めることができた情報は、WEBや結婚情報誌等で間接的に集めた情報とは異なり、自分たちの視点で集められた「今」の情報です。式場見学で集めた情報を上手に活用して、失敗のない式場選びに繋げましょう!迷った際には、的確なアドバイスがもらえるウェディング相談カウンターを利用することをおすすめします。

アイビー ウェディングカウンター店舗情報

式場選びの関連記事

結婚式場の失敗しない選び方やポイントをタイプ別に解説!

ブライダルフェア*予約や当日の流れ・服装や持ち物をチェック!

ブライダルフェアの服装は?男女別おすすめスタイル!

ブライダルフェア試食会*試食会の魅力・目的・注意点!

模擬挙式に参加する時のポイントやメリットを解説!

結婚式場の決め方のポイントはコレ!理想の結婚式場が見つかるはず

香川の結婚式場一覧はこちら