結婚式場の失敗しない選び方やポイントをタイプ別に解説!

結婚式場の失敗しない選び方やポイントをタイプ別に解説!

結婚式場選びは、自分たちの理想はもちろん、予算、収容人数や日取りなどの条件と相談しながら進めていきます。選んだ会場によって可能な演出や提供されるサービス等が異なるため、理想の結婚式披露宴の実現を狙うなら、会場選びが非常に重要です。
結婚式場は、ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランの4タイプに大きく分けることができます。それぞれの特長を見極めながら、ポイントを押さえて上手に結婚式場選びをしたいですね。ここでは、結婚式場の失敗しない選び方やポイントをタイプ別にご紹介します。

結婚式場のタイプ

結婚式場のタイプは、ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランの4つに大別されます。最初に、タイプ別に結婚式場のそれぞれの特徴を知っておきましょう。

ホテル

ホテルウェディングの言葉が与える印象の通り、ホテルの格に準じた格式と上品なイメージや高品質なサービスがホテルでの結婚式・披露宴の大きな魅力です。収容人数に合わせた宴会場がいくつかあるため会場の選択肢が多く、比較的大人数の収容が可能な会場を1つ以上有していることも多く、音響や演出に係る設備も充実している傾向があります。美容室や写真室をはじめ、神殿や独立型チャペル、屋外演出が可能なガーデン、プールを併設していたりと、ホテルならではの設備面、サービス面の双方からのホスピタリティは圧倒的です。また、遠方からのゲストを予定している場合には宿泊が可能であるために非常に便利です。料理もホテル内のレストランのジャンルに合わせて洋食・和食・中華等から選ぶことができる場合が多く、シェフの対応力も大きな魅力となっています。

一方で、新郎新婦の控室が別階である、宴会場がいくつもあるためゲストが迷ってしまう、衣裳や装花等の業者指定があり持ち込みが厳しい、価格設定が全体的に高めといった傾向があります。また、1日に数件の結婚式・披露宴がある吉日には、他の会場の新郎新婦やゲストと鉢合わせしたり、まれに時間調整のために進行に遅れが生じたりする場合もあります。

専門式場

専門式場は、結婚式・披露宴に特化しているため、式場もスタッフも婚礼に関する経験値が高いことが1番の強みです。新しいアイテムや流行の演出にいち早く対応、オリジナリティのあるプランなどにも期待ができ、当日に至るまでの段取りや配慮にも専門家ならではの安定感・安心感があります。式場も進行や移動がしやすい配置となっていたり、基本的な設備が充実していたりと、ふたりが理想とする結婚式を叶えるためのリクエストに対応できる包容力は、総じて高い傾向にあります。

専門式場は、ホテルと同様に披露宴会場を複数有することが多く、そのため他の新郎新婦やゲストと結婚式・披露宴の時間帯が重なって混雑する、当日のスケジュールがいくつも重なると食事の進行に遅れが生じることも考えられます。各種演出アイテム・カメラマン・美容室・衣裳・装花などは提携している業者があり、他の業者を使うと持ち込み料が生じて料金が高くなってしまうこともあります。

ゲストハウス

ガーデンウェディングゲストハウスは当日ふたりのために一軒家が貸切りとなることが多く、敷地内の施設を自由に思う存分自分たちらしく使ってゲストとの時間をゆったりと満喫できることが最大の魅力です。一軒まるごとを貸切るためにプライベート感があり、自分たちの邸宅でパーティをしているような贅沢な感覚を楽しむことができます。庭でもパーティができるゲストハウスが多く、屋内から屋外までを広いひとつの会場として自在に行き来しながらの演出も可能です。

ゲストハウスウェディングは、ゲストハウスが持つ雰囲気に結婚式の雰囲気が大きく影響を受けます。プランによっては移動に使う通路が手狭であったり、自分たちの希望する装飾や演出が会場の雰囲気に合わなかったりできなかったりする場合もあります。また、一軒家をまるごと貸切るスタイルであることから比較的価格帯が高めであることが多くなっています。

レストラン

レストランウェディングレストランウェディングでは、当日の料理にゲストの期待が集中します。人気のあるレストランでも婚礼用にふたりのリクエストに応える料理を用意してくれることが多く、食事からデザートに至るまで期待を裏切らない美味しさは、さすがレストラン!という一言に尽きます。通常はレストランとして営業しているために当日は結婚式・披露宴のための貸切りとなることが多く、堅苦しくないアットホームな雰囲気の中でゲストとの時間を美味しい料理と一緒に楽しめることも魅力です。貸切りとなっても会場代は他の結婚式場の相場より比較的安価となる傾向にあります。また、会場装花や衣裳などを自由に持ち込めることが多い点においても、ふたりらしい披露宴作りの強い味方となってくれます。

一方で、新郎新婦控室としての部屋の設備が充実していなかったり、新郎とウェディングドレス姿の新婦が並んで歩くにはテーブル間が狭かったりする場合があります。

いずれのタイプの結婚式場にもメリットとデメリットがあります。気になるデメリットはカバーする代案等を用意しておくとデメリットを感じさせなかったり、思わぬトラブルを回避したりすることも可能です。

結婚式場選びをするタイミング

人気の結婚式場でしかも大安吉日なら1年前でも予約が取れないことがあります。一方で、急げば3カ月後の結婚式・披露宴の日取りでも実現可能であることがあります。しかし予約を入れようにも、まずは結婚式場と日取りを決めておかなくては予約を入れることはできません。では実際のところ、一体いつ頃から結婚式場選びを始めて、いつまでに決定して予約を入れておくとよいのでしょうか。

結婚式場選びを始めるタイミング

結婚式場選びを始めるタイミングですが、プロポーズがあったらできるだけ早めに取り組んでおきたいものです。お互いの両親への挨拶や両家の顔合わせ食事会・結納の段取りと同時進行で、結婚式・披露宴についてまずはふたりで話し合ってみましょう。プロポーズプロポーズを受けてふたりの気持ちが結婚へと進み始めたら、結婚式・披露宴をするのかどうか、理想とする結婚式・披露宴のイメージ、時期はいつ頃が可能か、ゲストの人数などについて、より具体的な話をする機会を早めに持ちましょう。また、お互いの両親に対しても意向や予定、親族のゲスト数などについて早めに聞いておきましょう。両家の意向について話がまとまるまでに思ったより時間がかかる場合もあります。結婚式・披露宴は両親にとっても気掛かりのひとつであり、早い場合にはお互いの両親への挨拶の際に質問されることもあります。結婚を決めたら早めにお互いの希望をすり合わせて、ふたりの意向として両親に話せるようにしておきましょう。

ふたりで話し合う内容は、例えば、結婚式は親族だけでハワイ挙式、披露宴はプロポーズのあったレストランを会場として使いたい、時期はふたりの共通の趣味であるサーフィンにちなんだ夏の7月上旬、ゲストは友人を中心に60人程度など、できるだけ具体的にしていきましょう。その後に実現が可能であるかどうかを予算についても考えて会場等に確認します。

結婚式・披露宴についてイメージが全くわかない場合には、雑誌やインターネットで事例をチェックしてみたり、最寄りの結婚式場のブライダルフェアや見学会に足を運んだりするとよいでしょう。わからないからと言って手あたり次第にブライダルフェア等に足を運ぶのは手間がかかり大変です。ひとまず、ホテル、専門式場、ゲストハウスからそれぞれ1ヵ所ずつ選んで実際に見学したり、レストランなら食事に行ったりして生の情報を自分たちで収集してみましょう。その中から結婚式場のタイプを絞り込み、候補となる施設をじっくり巡ると段取りよく結婚式場選びを進めることができます。
予算まで考えて結婚式場を決めるとなると難しい印象を受けるかもしれませんが、実際に結婚式場に足を運んで担当者に相談すると、ふたりが考えている結婚式・披露宴を実現するためにはどのくらい経費がかかるのか概算で見積書を出してもらうことができます。見積書は比較検討の資料となるためぜひ出してもらいましょう。 また、結婚式・披露宴には地域によって特色があることが多いため、実際に足を運んで得た情報は自分たちにとって非常に参考になります。

もっとスムーズに楽に情報を集めたいという場合には、結婚式場の紹介サービスをしている会社を利用しましょう。地域の各種結婚式場の情報をまとめて収集することができる上に比較や相談もしやすく、特別な割引や特典を受けることができる場合があるのでおすすめです。

アイビー ウェディングカウンター店舗情報

結婚式場を決めるタイミング

結婚式の日程結婚式場は早めに決めておくとその後の段取りや気持ちに余裕ができます。早めに予約を入れる方が希望の日時を選びやすいことは言うまでもありません。日取りにこだわりがある場合には1年前の予約を目途にして動きましょう。実際はプロポーズから1年以内に結婚式・披露宴をしたというふたりが多く、9カ月~6カ月前には結婚式場を決めて予約を入れているようです。結婚式場選びでは迷うこともありますが、候補となる会場では同じ条件での見積書を出してもらってサービス内容を比較できるようにすることで、自宅に資料を持ち帰ってじっくりと選ぶことができます。ふたりの結婚式・披露宴に対するイメージや注力する優先順位をすり合わせておくと選ぶ際の基準となります。
なお、予約した会場を変更する場合にはキャンセル料が発生します。変更の予定がなくても、キャンセル料が発生する期日や具体的な料金について確認しておきましょう。

結婚式場の選び方のポイント

結婚式場選びは早めがよいということや結婚式場のタイプ別の特徴が分かったところで、効率よく結婚式場を選ぶポイントをご紹介します。

結婚式場のタイプを知り、効率よく式場探しをする

結婚式・披露宴について具体的なイメージがわかないという場合には、結婚式場のタイプを知ることから選び始めるとよいでしょう。結婚式場には大きく分けて、ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランの4種類があります。4つのタイプの特徴について前述の記事を参考にしてメリットデメリットを把握しておきましょう。その上で、エリア内の気になる施設を1つ1つ細かく見ていきます。ホテルならグレードやリゾート系などのジャンル、市内中心部やシーサイドといった立地、プールや独立型チャペル、神殿など併設施設の有無などについて詳細を調べることができます。イメージが伝わりやすいので必ず写真も見るようにしましょう。ホームページや結婚情報誌などで自宅でも簡単にチェックすることができます。エリア内にある多数の式場について詳細と写真を見比べていく中で、ある程度自分たちの結婚式・披露宴の候補式場が絞られます。できれば候補式場を3~4つに絞ったところで、実際に足を運ぶ予定を組みましょう。式場選びチェックリストブライダルフェアや見学会があればイベントに合わせて会場を見学すると、関連業者も集まり会場は本番さながらの雰囲気となっていることが多いため当日のイメージが湧きやすくなり、情報も集まりやすくなっているためおすすめです。イベントがない場合でも予約をしていくことで、ブライダル担当者が会場案内をしてくれたり資料をまとめておいてくれたりします。イベントや見学会は1軒あたり数時間を要することが多く、相談会に参加するとより長い時間がかかります。1日に見学できる式場は2軒程度、3軒となると移動もあるため駆け足での見学となりがちです。直接ふたりが足を運ぶ式場の数は、事前にある程度絞り込んでおくことが効率よく式場選びをするためのポイントとなります。

ふたりの理想の結婚式を考える

理想の結婚式結婚式・披露宴について具体的なイメージがある場合には、そのイメージが実現できる結婚式場をピックアップしていくことが式場決定への近道となります。自分たちがイメージする結婚式・披露宴についていくつでもよいのでキーワードを用意しておきましょう。例えば結婚式なら、ゲストの人数、結婚式のスタイルや式後の演出などについてです。自分たちの結婚式・披露宴で譲れないポイント、こだわりポイントを設けます。複数ある場合には優先順位をつけておくと最終的な判断を下しやすくなりますよ。

ゲストの人数が多いほど、収容可能な式場は絞られてきます。また、結婚式には「神前式」「仏式」「チャペル式・教会式」「人前式」があり、衣裳でも和と洋に分けることができます。地元の神社で挙式、海外で先に挙式するため併設の神殿やチャペルは不要である場合であれば式場の選択肢は広がりますし、ガーデンチャペルが希望であれば自然と対応可能な式場は限られるでしょう。挙式後にブーケトスやフラワーシャワー、ドロップアンドフライやバルーンリリース、餅投げなどの希望がある場合にはそれらに対応できる場所のある式場を選ぶことになります。結婚式の演出 バルーンリリースあらかじめ用意しておいたキーワードをもとに、様々な式場のホームページや資料を見て比較することで自分たちの結婚式・披露宴の候補式場が絞られてきます。候補式場を3~4つに絞ったところで、ふたりが一緒に足を運ぶ予定を組みましょう。

結婚式場選びでの失敗談

「いくつか候補となる式場はあったけれど、1か所目が気に入り、仮予約ができなかったのですぐにその場で本契約をしてしまいました。食事はとても美味しかったのですが、よく見てみると控室がなかったり、駐車場が狭かったりとちょっとしたことが気になり始め、次第にすべてが嫌になってしまいました。」

「式場を訪れて比較してみたけれど、決定打となるようなものがなく、一番安いプランのあった式場に決めたけれど、打ち合わせをしていくうちに最初のプランに費用が追加されていき、最終的には他の式場のプランと変わらない値段になっていました。」

「結婚式を多数扱っているホテルだったので、安心して任せられると思ったけれど、提案されるプランは決まりきった進行が多く、結果として自分たちらしさのない結婚式・披露宴となったように感じました。」

「屋外でのパーティを予定していたのですが、当日はまさかの雨。演出のほとんどを変更することとなり、中には屋内ではできないという演出もあり残念でなりませんでした。もっと雨天時のプランを練っておけばよかったと思いました。」

「式場が提携しているレンタル衣裳店の品揃えが自分好みではなかったけれど、他の衣裳店を選ぶと持ち込み料がかかるため指定の衣裳店でウェディングドレスやカクテルドレスなどを選ぶことになりました。写真を見るたびに本当に着たかったのは違うドレスだったのになという思いが胸を過ります。」ウェディングドレス

結婚式場選びの効率的な手順

結婚式場選びを効率よく効率的に結婚式場選びをするために必要なことは、まず下調べをしてから候補となる式場を訪れ、しっかりと現場を見て複数の式場と比較することです。その場の雰囲気に流されていきなり契約してしまうと、他の式場と比較しながらの割引やサービスを引き出す交渉ができなくなってしまうなど、後悔につながりかねません。仮予約を入れるのはよいのですが、いきなり本契約を結ぶことのないようにしましょう。また、写真と現場の雰囲気は異なることがあるため、必ず式場に足を運びましょう。料理であれば、決める前に必ず試食しましょう。いずれにしても決め手に欠ける場合には、SNSなどで先輩利用者の声や評価をチェックしておくと新たに気付かされることがあります。式場の格や雰囲気も大切ですが、プランナーの熱意や相性、衣裳や映像、装花の提携店もチェックしておくと、失敗が少なくなります。チェックポイントはふたりで事前に話し合ってチェック項目を作り、どの式場も同じ基準で評価していくと比較しやすくなるのでおすすめです。

まとめ

結婚式場選びで失敗しないために重要なことは、ふたりが思い描く結婚式・披露宴についてより具体的に話し合っておくことと、こだわりの優先順位をつけておくこと、そして情報収集です。しかし、結婚式・披露宴に出席したことが少なく、具体的に思い描くことができない場合には、相談カウンターに行くのがよいでしょう。様々な結婚情報を自分たちに合わせてピックアップして紹介してくれるので、時間がない場合や情報が多すぎて決められないという場合には相談カウンターが非常に便利です。紹介料や利用料は基本的に無料ですので気軽に利用することができます。結婚式場選びに迷ったら、ホームページや結婚情報誌、相談カウンターでの情報収集から始めましょう。

式場選びの関連記事

結婚式場の上手な見学法!ブライダルフェアと式場見学の違い

ブライダルフェア*予約や当日の流れ・服装や持ち物をチェック!

ブライダルフェアの服装は?男女別おすすめスタイル!

ブライダルフェア試食会*試食会の魅力・目的・注意点!

模擬挙式に参加する時のポイントやメリットを解説!

ブライダルフェア特典とは?特典の有効な使い方と注意点!

結婚式場の決め方のポイントはコレ!理想の結婚式場が見つかるはず

香川の結婚式場一覧はこちら