結納金の相場や包み方・渡し方は?NG事例や当日の流れを一挙紹介

結納金の相場や包み方・渡し方は?NG事例や当日の流れを一挙紹介

結納と言えば結納金というイメージを抱いている人も少なくありません。正式な結納は結納金の他にも様々な品物が揃えられるのですが、略式では品数が少なくなり、結納金がメインとなっている傾向があります。だからこそ気になるのは結納金として包む現金の金額です。また、結納返しという言葉がある通り、結納品には地域によって結納品をお互いに交わすという慣習があります。結納について具体的に知りたいという方、また、結納について、儀式の中でどのようなことが行われているのか興味があるという方のために結納当日の流れや結納金についてご紹介します。

結納金とお返し

結納品結納=結納金というイメージがあるかもしれませんが、本来の結納では、酒肴や着物などを贈っていました。結婚式や披露宴の形式が変化、婚姻が家同士ではなく個人の意思によるものであると法律で定められるなど、時代の移り変わりの中で、結納も変化しました。結納が略式化し、結納品の主軸が結納金となったことは大きな変化のひとつでした。
ここでは、現代における結納金についてご紹介します。

「結納金なし」は、OK?NG?

まず、結納金は一般的に男性側から女性側へ贈るものです。なお、婿養子に迎える場合には女性側から男性側に贈ります。結納においては結納品についてもしきたりがあり、結納金を贈る側が一方的に結納金をなしにすることを決めるのはマナー違反であるとされています。逆に、当日になって受け取る側が結納金の申し出を断るのも失礼にあたります。仲人を通したり、ふたりが間に入ったりすることで事前に結納金の有無や相場について調整するようにしましょう。話がまとまれば結納金なしで結納を進めても構いません。

結納金の相場はいくら?

結納金結納金として包む金額は、30万、50万、100万といったキリのよい数字で端数を避けて用意していました。金額の頭の数字のように、結納では奇数が好んで使われますが、これは「割り切れない」ようにと縁起を担いでいるためでもあります。包む金額は高いほど格も高いとする地域もありますが、一般的な金額は100万円であり、「一本」「一包み」とも呼ばれる定番の金額となっています。

渡し方

結納金結納金の包み方は金額によって異なります。一般的には中包みに入れてから外包みで覆い、水引で装飾します。袋タイプの結納金包みも市販されています。金額が大きい場合には中包みで包んだ結納金を水引などで装飾した桐の箱に入れます。結納金だけを贈る場合にも正式に結納金包みで包んで現金を渡すようにします。「御帯料」「小袖料」「帯地料」など地域によって書き添える言葉が異なりますので事前に調べておきましょう。
結納では、結納品を台に並べ、一言挨拶を交わして、男性側から女性側へ白木台や黒塗り盆に載せたまま贈ります。女性側からの結納返しも同様です。

結納金はどのように使うの?

かつて結婚は家同士の結び付きであったために結納金は家長が用意し、贈られた結納金も家長が受け取り、使い道を決めていました。
また、結納金は、婚礼衣裳として着物を贈っていたものが支度金として現金を贈るようになったという流れがあります。そのため、結婚式・披露宴で比較的衣裳やメイク代が男性側よりも高くなる傾向がある女性の衣裳・メイク代に充てることが一般的でした。現在は、新生活の準備に充てたり、結納返しに充てたりするようになるなど変化を見せています。

結納返しは現金?品物?

結納返し男性側から贈られる結納品に対して、女性側から贈る結納品を結納返しと言います。婿養子の場合には逆になります。結納返しには地域性が色濃く、関東では「御袴料」として結納金の半額分の現金を包んで女性側から男性側へ贈る慣習がありました。関西では、結納は男性から女性へ一方的に贈るものとして捉えられており、結納のお返しはしないのが習慣となっています。現在は結納返しとして現金を包むのではなく、実用性のあるスーツや腕時計などを贈るケースも増えているようです。

結納当日の流れ

結納式結納の流れ

事前に見る機会の少ない結納について、おおまかな流れをご紹介します。まず、それぞれに結納品を白木台の上に並べます。互いに挨拶を交わしたら、男性側から結納品を女性側へ贈ります。女性側は結納品の中から目録を開いて目を通し、受書を男性側へ渡します。次は女性側から男性側へ結納返しの品を贈ります。男性側が結納返しの品の中の目録を開いて目を通し、受書を女性側へ渡します。最後に結びの挨拶を交わしたら終了です。その後は撮影をしたり食事をしたりすることが多いようです。

結納での口上

言いづらい言葉を無理に使わず、言いやすい言葉に変えてしまってもよいでしょう。その際にも、丁寧な日本語を使うことが大切です。結納の進行できちんと感を出すために大切なポイントは最初と最後の口上をしっかりと言うことです。

「この度は、○○さんと私との婚約をご承諾くださいまして、誠にありがとうございます。つきましては今日のよき日に、結納の品をお納めいたします。心ばかりの品ではございますが、どうぞ幾久しくお受けください。」と口上を述べて結納品を渡します。女性側は「拝見いたします。」と言ってから目録を開きます。目録に目を通したら台に戻して「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします。」と一礼してから「受書でございます。お納めください。」と受書を渡し、続いて「○○より結納の品でございます。幾久しくお納めください。」と結納返しの品を贈ります。その後の流れは先程と同様です。最後に「お陰様で結納の儀は滞りなく進み、相整いました。幾久しくよろしくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。」と結びの挨拶を交わしたら結納は終了です。結納後には祝い膳として食事を共にすることが一般的です。

当日の服装

結納服装結納での服装については正装が基本です。お互いの衣裳がちぐはぐにならないように格や様式を揃えておきましょう。結納の儀式中は私語を慎み、所作は丁寧に必要最低限の動きに留めて進行を見守ります。正式の場合は仲人が進めますが、略式ではホテル等の会場スタッフに進行役を務めて頂くことも可能です。進行役は男性側の父親または男性本人が務めることが多いようです。口上についてはできるだけ覚えておいたほうがよいのですが、緊張で忘れてしまうこともあるためメモを持参しておくと安心です。

まとめ

結婚式のスタイルとして和婚が見直され注目を浴びるなど、日本伝統の結婚に係る儀式の美しさやしきたりに惹かれるという人は少なくありません。日本の伝統美を尊重しながらも現代を生きる自分たちらしいスタイルを加えて、新しい結納スタイルを作り出してみてはいかがでしょうか。顔合わせ食事会にはない伝統的儀式は、人生における節目としてふたりにとっても大切な思い出となるはずですよ。

結納の関連記事

結納って何?顔合わせ食事会との違いは?結納の基礎を知ろう!

香川の結婚式場一覧はこちら