結納って何?顔合わせ食事会との違いは?結納の基礎を知ろう!

結納って何?顔合わせ食事会との違いは?結納の基礎を知ろう!

結納は、日本伝統の婚約の儀式です。婚姻届を提出することでふたりが夫婦となる婚姻とは異なり、婚約に関して法律上の手続きは特になく儀式の有無についても定めはありません。ちなみに婚約の成立はふたりの合意によって成立するものだとされており、一般的にはプロポーズなどにより成立したと考えられます。では、婚約の儀式としての結納にはどのような意味があるのでしょうか。

結納とは

婚約の儀式として行われてきた結納は「ゆいのもの」が語源とされており、婚姻関係を結ぶ際に用意された酒肴を指す言葉であったという説が良く知られています。時代とともに「ゆいのもの」に対して礼法が整えられて「結納」となり、酒肴も「結納品」として独特の意味合いを持つ品物へと移り変わりました。その後さらに時代を経て簡略化されながらも結納の作法は現在に至るまで受け継がれています。正式な結納では、両家の自宅を仲人が行き来して結納品を贈ります。近年に至っては、互いの自宅が遠くなり仲人が行き来することが難しくなったり、効率化が図られたりしたことで、仲人を立てない形式や、1つの会場で両家が顔を合わせた状態で結納品を交わす形式「略式」の結納が「正式」に代わって主流となっていました。次第に略式の結納における「結婚前に両家が顔を合わせて親睦を図る」という意味が次第に大きくなり、現在増加傾向にある「顔合わせ食事会」へと移り変わってきたのです。しかし歴史を振り返ってみると、両家が顔を合わせてふたりの婚姻を認めるという意味合いは変わっていないと捉えることができそうです。

「結納」と「顔合わせ食事会」の違い

その違いは、儀式的な進行の有無と言っても過言ではありません。結納では、礼法に則り結納品を交わしていく婚姻の儀式の部分が重要となりますが、顔合わせ食事会では互いに親睦を深めることが1番の目的となります。

法律上の要不要や効率化に囚われるのではなく、婚姻の儀式を日本伝統の形式で行いたい、けじめをつけたい場合には、やはり「結納」が最もふさわしい婚姻儀礼であると言えそうです。

結納で必要なもの・準備物

結納品日本伝統の婚姻の儀式である結納ですが、結婚に地域性があるように、結納においても地域性が強い傾向があります。結納をすると決めたら、事前にお互いの地域の慣習を調べておきましょう。

まず、結納で贈る結納品についてです。正式には結納品の品数は9品で、略式になるにつれて7品、5品となり品数が減ります。結納品の品数は「割り切れない」数である奇数とするほうが縁起がよいとされています。

目録…結納品として贈る品物の一覧です。

長熨斗…干したあわび(のしあわび)を指しており、長寿の意味があります。

金包…結納金を包んだもの。関東では男性から女性に「帯地料」「小袖料」などとして贈られていました。

鰹節…「勝男武士」「松魚節」とも記され、魚が酒肴のひとつであった名残だと言われています。また、鰹節が松の幹に似ており、松は松竹梅として知られるように縁起がよいとされたことにも由来しています。

するめ…長期保存できることから幾久しい幸せを象徴しています。また、するめのように噛めば噛むほど味が出る夫婦となることを願う意味合いもあります。

こんぶ…「喜ぶ(よろこんぶ)」に通じるとされ、祝儀には欠かせない品物とされています。また、こんぶの繁殖力にちなんで子宝に恵まれるようにという願いも込められています。

末広…「末広(すえひろ)」は扇子のことを指します。開いた扇子が末に広がる形であることから末広がりに繁栄する意味を持つ縁起物とされており、結納品としては1対の末広を用意する習わしとなっています。

ともしらが…白い麻糸を束ねたもので、夫婦が共に白髪となるまで仲睦まじく添い遂げるという意味を持っています。また、麻糸のように強い絆で結ばれるようにとの思いもあります。「友志良賀」とも記載されます。

柳樽…「家内喜多留(やなぎだる)」とも記されます。酒樽を指したもので、宴の席の酒を持参したものでした。現金を包む地域が多い中、清酒を贈る慣習が残っている地域もあります。

結納品は、いずれも紅白の紙や水引で華やかに縁起よく包みます。水引は鶴亀や松竹梅、七福神などがありいずれも縁起物としてめでたさを引き立ててくれます。結納の場で結納品を載せたり飾ったりする台も必要に応じて用意しましょう。関東では1つの白木の献上台にすべての結納品を並べますが、関西では1品ずつ異なる台に載せて用意します。略式では婚約指輪を品物のひとつに加える場合もあるようです。

当日の服装ポイント(男女別)

結納は婚約の儀式です。正式であれば仲人、両家両親、本人ともにフォーマルな服装がよいとされます。略式でも準礼装などが好ましいのですが、最も大切なことは両家の服装の格やスタイルがちぐはぐにならないように調整することです。

女性の服装

両家顔合わせ食事会の服装<女性>本人については和装なら女性は振袖がおすすめです。洋装の場合は上品で明るい色合いの服装を心掛けましょう。できるだけ肌の露出が少ないものが好ましいとされます。正装とは言っても、全員が黒い服装では葬儀をイメージしてしまいます。黒以外のワンピースや上品なスーツを選び、華やさを演出しましょう。

母親については、洋装なら本人同様に黒以外のワンピースや上品なスーツで本人より目立つことのないように色やデザインを選びます。和装であれば訪問着や付下げ、色無地がふさわしいでしょう。

男性の服装

結婚挨拶・結納顔合わせの時の服装<男性編>和装なら羽織袴になりますが、洋装ではフォーマルなブラックスーツか、準じたダークスーツがよいでしょう。カッターシャツは白、ネクタイは白やシルバーグレー系を選びます。靴下と靴は黒でフォーマルに整えましょう。父親についても本人同様にフォーマルなブラックスーツを主体に用意します。

まとめ

婚約の儀式をすることに法律上の定めはなくても、ふたりの結婚を両家が公認したという意味合いを強く感じさせてくれます。結納の儀式的な堅苦しさが嫌煙されがちですが、すでに決まった形式に合わせて結納品を用意したり進行したりするだけだと捉えることができれば、堅苦しい=難しいという先入観から解放されるのではないでしょうか。古来の日本の婚姻関係のように結婚後に家と家との結び付きを大切にしたいという場合には「結納」を上手に取り入れることで両家の結び付きを家族全員がより一層強く意識することができそうです。
※結納は地域によってスタイルが異なりますので事前にご両家でよくお話合いください。

結納の関連記事

結納金の相場や包み方・渡し方は?NG事例や当日の流れを一挙紹介

香川の結婚式場一覧はこちら